「ごめんよ涙」の歌詞 田原俊彦

1989/4/19 リリース
作詞
松井五郎
作曲
都志見隆
文字サイズ
よみがな
hidden
最後さいご一度いちどだけと
くちびるかみしめて
にぎりしめたのひら
えるようにあつ

ひとつの季節きせつだけには
とまっていられない
かぜをみつけたおとこ
ゆめいかけてく

あいしあい きずついて やさしさにがついたよ
つらいとき きみのまなざしを ぼくしんじてる

そのなみだごめんよ おもになるけど
いつまでも いつまでも わすれはしない
さよならもごめんよ きしめていたいけど
ふりむかず いかせてくれ
むね夕陽ゆうひあかいから

はじめてったころ
子供こどものようだった
なつとお砂浜すなはま
無邪気むじゃきにふれあった

あのときじゅん気持きもちで
びあった名前なまえ
いまでもぼくこころ
えてはいないのさ

うつくしい 昨日きのうほど ひとはしばられやすいよ
だけどいま それぞれの明日あした ふたり きてみよう

そのなみだごめんよ わがままをゆるして
はなれても はなれても みつめているよ
さよならもごめんよ さみしさもわかるけど
ひきとめず いかせてくれ
むね夕陽ゆうひあかいから

Listen, my heart crying. You can't be loved.
Listen one more time. Don't let you down.

Ah いつまでも いつまでも わすれはしない
さよならもごめんよ きしめていたいけど
ふりむかず いかせてくれ
むね夕陽ゆうひあかいから