「Soul Station」の歌詞 稲葉浩志

2002/10/9 リリース
作詞
KOHSHI INABA
作曲
KOHSHI INABA
文字サイズ
よみがな
hidden
あらわず TVテレビわすあさねむりにられる
だれともくちをきかないはよくあるよ べつにたいしたことじゃない
よるやみぬほどふかぼくにはどうしていいのか わからない

特別とくべつなニュースはやって彼女かのじょ部屋へやからえきへとさかりる
こぎれいなスーツであるあさきみは なかなか わるくないよ
ついあらそうことがおおいけど ゴールのえない みちぼくにはながすぎる

なんて退屈たいくつ世界せかいにいるんだろう きみあまえたままで
このこころはつけられないままで
そして また れてゆく 線路せんろこうに
希望きぼうしずみゆく

ちいさなまちでは 今日きょうも だれかがり だれかがやって
今僕いまぼくにできることは いったい どの教科書きょうかしょにでてるの

あたらしいひとったときみはなち ベッドに
だれもらない電車でんしゃおとだけが こえる

なんてくだらない世界せかいにしてしまったんだろう きみをだいなしにしてまで
にかけている ぼくのたったひとつのたましい
ちが景色けしきたいと もがいてる
まっけて そそがれる場所ばしょ もと
出発しゅっぱつしたいと ねがってる きっと…
どこか さいての 場所ばしょ

だれすくえない どんな神様かみさまにもすくえない
ぼくたましいぼくきみたましいきみうことしかかない
だれ言葉ことばとどかない、、、、