「胸が熱い」の歌詞 白華の檻~緋色の欠片4~四季の詩 ED 藤田麻衣子

2014/10/29 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
あかあお ざりあう
夕空ゆうぞらがきれい
められた ちぎれぐも
はるのにおいがする

あなたのすこうし
すこはやある
なんだか不思議ふしぎだけど
ついていきたくて

時間じかん
さくらした
かみでて
「またな」って

むねあつ
時々ときどきえるだけでいい
時々ときどきはなせるだけでいい
そうおもってた
はずなのに

むねあつ
明日あしたえたらいいのに
明日あしたはなせたらいいのに
かぜはなびら
がる

あれから度目どめはる
やわらかな日差ひざ
さくらみち ある
よこにあなたがいる

いろんなあなたのこと
ひとつずつって
はねやすめる場所ばしょ
なろうとおもった

からかいって
さくらした
かみでて
ちかづいて

むねあつ
こんなにそばでごしても
こんなに月日つきひかさねても
おな気持きもちで
つめてる

むねあつ
何年なんねんってもこうして
あなたと一緒いっしょわらいたい
またはるかぞえたい

おだやかなこんな
きっとごしてる
ずっとさき二人ふたり
あなたとならきっと