「水無月」の歌詞 遊助

2013/4/17 リリース
作詞
遊助
作曲
遊助,N.O.B.B
文字サイズ
よみがな
hidden
おかえて うみながめてみたんだ れた
そよかぜぼくを すりけてやまへと
はるこえがやがて とおくへと旅立たびだ音色ねいろ
水無月みなづきかおりが ひがしから微笑ほほえ

わすれたくて わすれられた
くしたくて 背負せおわされた
なにもかも なみだながして
こわれかけて さがした
こわくなって してた
だれ気付きづかれない このこえ とおとお

ひと言葉ことばきづつけたりしないで
ふかいやせる おおきなうみのように
卯月うづき赤子あかご 波音なみおとまな
れるつよかんじるやさしさ

はるさきえるもりも やがてあかねわる
地平線ちへいせん水面みなも っすぐまよわず
やまはいずれえて 夜空よぞら慕情ぼじょう
水無月みなづきあめさえ 大地降だいちふかなでる

つけたくて 見失みうしなった
しくなって あきらめてた
なにもかも なみだながして
くして つかてた
しんじないで うたがってた
だれ気付きづかれない このこえ とおとお

おと言葉ことばあたためてこころまで
とお見守みまもやさしいもりのように
卯月うづき赤子あかご 山々やまやままな
めてよわ無力むりょくなげ希望きぼう

よわ自分じぶんきらいで したいくらい ながいLife
うばいの てない欲望よくぼうつらいが 本当ほんとうあい出会であ
わら未来みらいひかって 意外いがいせま世界せかいじゃない?
大地抱だいちだかれ 世代せだいかわり 問題もんだいをあがいて ぼくらの時代じだい

ひとよ いつまでもきずつけたりしないで
ふかあいるあなたのように
やまうみそらかぜくもおと
きしめてくれる おおきなあい