「風の引力」の歌詞 ASKA

1997/2/5 リリース
作詞
飛鳥涼
作曲
飛鳥涼
文字サイズ
よみがな
hidden
ここいらあたりの
引力いんりょくはおかしい
からだきみしずんで
うごけなくなる
まよえなくなる
ぼくのことなのに
ぼくよりもくわしい
きみ言葉ことばるよ
いやなできごと
わすれるための努力どりょく
もうめにしよう
もうおわりだ
きみなつ
かぜのやりかた
ぼくのページをめくって

きみこころざんしてみる
最後さいごのこったものが
ぼくじゃなくても
いまたしかにれてる
いつもこたえを
りたがるような
そんな毎日まいにちだった
ながめのいい
景色けしきばかりいかけては
自分じぶん景色けしき
なってしまうね
きみなつ
かぜのやりかた
ぼく背中せなかして
かわいたシャツのそばで
なつかげがゆれる
ぼくきみそば
背伸せのびをする

(かぜのような…)
きみなつ
かぜのやりかた
ぼくのページを
めくって
きみなつ
かぜのやりかた
ぼく背中せなかして