「Kicks Street」の歌詞 ASKA

1998/3/25 リリース
作詞
飛鳥涼
作曲
飛鳥涼
文字サイズ
よみがな
hidden
火星かせいつくった基地きちのような 時間じかんくすまち
ここじゃわかさもびつかないと なぜか本気ほんきおもえてしまう

信号しんごうかどこえげる 黒人こくじんのビラくば
ここじゃだれもがおなじものを しがっている わすれあっている

そのも"kicks street" 刺激しげきまち

今夜こんやもクスリをんだ 若者わかものがいる
自分じぶんなかのもう一人ひとりかえされて

ゆめうにせよ コントロールが必要ひつよう

希望きぼう未来みらいかたるような 面倒めんどうやつはいない
もっといいこと あたらしいこと もっと素敵すてきなやりかただけがある

そのも"kicks street" 欲望よくぼうまち

ビルにはさまれた螺旋らせんかげがひとつになる
名前なまえ身体からだうことが すべてのような

おとこもとめたものが おんなじゃないにしろ

そのも"kicks street"
"kicks street"