「ほんとはね」の歌詞 Aqua Timez

2008/5/8 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ってたいぬまれた土地とちも こっそりかかえてきたなやごと
夢中むちゅうになった部活ぶかつつちにおいも かぜはこばれていったゆめちが二人ふたり
大人おとなになり あたえられた役割やくわり 愛想笑あいそうわら
現実げんじつとのいもいたについてきたけど
遠慮抜えんりょぬきで こころかよわすっていつまでもむずかしいよね

こみげてくるおも言葉ことばにできてもこえにならない
かくれんぼみたいな日々ひび こんなにもそばにいるのに 素直すなおになれない

ほんとはね かまってほしくて いじけたふりをしているだけなんだよ
子供こどもみたいでしょう
ほんとはね きみこと きで きでたまらないんだよ
あぁ とどくといいのになぁ

ほんとのことを りたいけれど たりにしたらなおれなくなるかもしれないから
さまようりをしては ここでかんがごとをしてるのかな
まどこう がつけばすでにもう ときはこっそり
あれもこれも永久えいきゅうながれにけてくよ 夕闇ゆうやみ子供達こどもたちうちかえらせてる

自分じぶんのこと しんじてもらおうとするくせに 大切たいせつ未来みらいのこと
うたがって だまって 内側うちがわだけに言葉ことばもってゆく

ほんとはね きらわれたらどうしようっておもうと 不安ふあんになって すすめなくなる
ほんとはね なにともないよってかおして ごしてるけど
あぁ こころきしむんだ
ねぇ あなたもそうですか

ほんとはね きみがいなくても大丈夫だいじょうぶだなんて うそなんだよ
つよがってたけど
ほんとはね 二人ふたりおなじ「いま」をいたい いたい

もうなにまよわずに むねうちのありのままをぶつけなくちゃ すすめないよね
こんなにも つよふかくなってしまったこのおもいを
あぁ とどけにゆくからね