「月、昇る」の歌詞 Aqua Timez

2009/3/11 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ぬりたくったうそさむがりなこころせる最後さいごあがないか
こんなはずじゃないってこえちゅううよ
純粋じゅんすいおもいは時代じだいまよみ プラスティックみたいな微笑ほほえみは
未来みらいにしらけたてにかわいた喜怒哀楽きどあいらく
雨雲あまぐもすべるようにとおざかり 夜空よぞらはくっきりとすみわたる
かがやきをきそ星達ほしたち無駄口むだぐちたたかずいかけてくる
もう かざてた言葉ことばだけじゃ とどかなくて

明日あすふさがれて くすぶるおもいはくあてもないまま
ぎためぐりゆき ふたた此処ここ
いつわりのかぜがされて むきしの孤独こどく
ほのかな情熱じょうねつともされるのをっている ともせ その

だれかの舌打したうちがこえても ためいきをかえしてるひまはない
人任ひとまかせの理想りそう蒸発じょうはつ なみだ湿しめった現実げんじつon the run
ちぼうけ るはずのないバスを けのない子供こどものように
「いつまでもずっと」って かがやかせてはいられない
したあめ 理想りそう運命さだめ まぐれなかぜ いくつもの何故なぜ
ちてくる日々ひび そのなかわりたくて われなくて

たかけろ 辿たどくまではいたみとともにあれ
ぬくもりをとおざけて 明日あすへとわた
たよことつよたよることはよわさとったいま
やみをただかきわけて すすにぎわいを夢見ゆめみ

くとめてから さないあし何度なんどてきた
臆病おくびょうなプライドが ひざをつく
鉛色なまりいろ夜明よあみちけ もういちど
おそれを わずかに上回うわまわ勇気ゆうきをかざして