1. 赤い屋根の見える丘へ歌詞

「赤い屋根の見える丘へ」の歌詞 Aqua Timez

2015/2/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
窓際まどぎわ頬杖ほおづえをついて きみなにおもうのだろう
すりれるくらいに何度なんどだれ笑顔えがおおもすの

約束やくそくまもるように、なにがあっても」
おしえてくれたこえとおくにまれた

五月ごがつとびらへとつづく ヒナギクのみちあるけば
しあわせとばれる場所ばしょこころなかに あるとづけるさ
きみぼくわせ場所ばしょへ いまあるいて

ひとりきり木陰こかげそべり きみなにつめているの
はなやぐ季節きせつちわびて だれ背中せなかおもすの

約束やくそくまもれずに あやまきみ
ゆるしてくれたこえとおくにまれた

あか屋根やねいええる ハルカゼのおかのぼれば
天国てんごくばれる場所ばしょこころなかに あるとづけるさ
きみぼくわせ場所ばしょへ ほら、もうあとすこ

時々ときどきまわりのやさしさが まぶしくてくらみそうだけど
つぶらずに

五月ごがつとびらへとつづく ヒナギクのみちあるけば
しあわせとばれる場所ばしょこころなかに あるとづけるさ
きみぼくわせ場所ばしょやさしいかぜ