「HOME」の歌詞 Aqua Timez

2012/9/5 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
よるというくろいマントだけが 一途いちずほしかがやかせている
ながぼしさがしてみる 相変あいかわらずのぼく
えらくなったらあいされるなんて かなしいうわさみみにしたけど
ぼくきみ仲良なかよくなりたい そんな素直すなお気持きもちにてるものはない

ちちあいはただそこにあった そらあお何気なにげなくぎてくように
ぼくはそのそらしたなに気付きづかずにあそどもでした

玄関げんかんのドアがいたら おおきなこえでおかえりってうんだよ
おおきなこえでただいまってうんだよ
大切たいせつなものはきっと しあわせなことはきっと もう あの場所ばしょにあったんだなぁ
かぶさってたとお朝焼あさや
はじめてこの世界せかいつつめたようながした

なみだはこらえるものだっていた なみだはそれでもながれていった
一度いちどかず 何度なんどひとわらうなんてこと できっこないから

ははあいはただそこにあった そらあお何気なにげなくぎてくように
ぼくはそのそらしたなに気付きづかずにあそどもでした

あさ友達ともだちったら おおきなこえでおはようってうんだよ
ずかしいことなんかじゃない
大切たいせつなものはきっと しあわせなことはきっと もう あの場所ばしょにあったんだよ
遠回とおまわりもしてきた それもきたあかし
ぼくすこしも 不幸ふこうなんかじゃなかった

とき
こんなにもほがらかに わた季節きせつにも なやんでばかりのぼく
すわらせてくれる椅子いすがある
しあわせになりたくて 方法ほうほうがわからなくて ただ着飾きかざってばかりいた こんなぼく
やさしくむかえてくれる故郷ふるさとがある