「One」の歌詞 Aqua Timez

2009/3/11 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
じればえてくる ただひとつのひかり
そのひとつのために きてみたいのです 八月はちがつ黄色きいろはなのように

ある日曜日にちようび 視界しかい両脇りょうわきにはみどり あおそらわたしろ飛行機ひこうき
それは神様かみさまえがいた 額縁がくぶちのない絵画かいが かた心次第こころしだい
あくまでも、ぼくらは天使てんしでも悪魔あくまでもない ひとであるがゆえよわさや
かわかないかなしみやいきどおりや不安ふあん景色けしきにフィルターをかける

だれもが大切たいせつにされたがる 大切たいせつにしようとはせず
あさるってだれかがうが よるながいな まだすここわいな だからこそ

たったひとつでいいのです たくさんでなくていいのです
大事だいじなものは きみのそばでちいさくかがやいてるよ
たったひとりでいいのです 大勢おおぜいでなくていいのです
ただひとりのために つよくなりたいとねがう それであいなのだから

はじめて自転車じてんしゃれたのように ご機嫌きげんみや得意とくいげな視線しせん
おさな日々ひびだけのもの?そんなことはないさ ためいきかずはずいぶんとえたけど

あのころにはかんじなかった ほろにが現実げんじつまえ
かなしみ以外いがいなにかで つながりたいな

いくつもの笑顔えがおがあるのです それぞれに素晴すばらしいのです
いろとりどりのはなが ひとつの花束はなたばになるように
いつかきっとでいいのです はるかな未来みらいでいいのです
はなばなれのぼくらが 笑顔えがおつながることができますように

間違まちがいながらでいいのです すよりはいいのです
よろこときころび それでこそ あじわいぶか日々ひび
たったひとつでいいのです すべつながっているのです
大切たいせつさをとき あらゆるものが、ほら・・・いろづいてゆく

じればえてくる ただひとつのひかり
そのひとつのために きてみたいのです 八月はちがつ黄色きいろはなのように。