1. セレナーデ歌詞

「セレナーデ」の歌詞 CHEMISTRY

2009/11/4 リリース
作詞
只野菜摘,堂珍嘉邦
作曲
板垣祐介
文字サイズ
よみがな
hidden
ほしがひとつぶ ひかおか
つぎのフレーズをさがしてた
夢見ゆめみがちなよるにくるまれ
こいかたりたがる

そのさきは まだわないでと
ぼく口元くちもと でふさいだ
つめたいゆびをそっとにぎって
最初さいしょのキス しあてる

きっと ためされてるんだ
ふかしんじあうために
きみが のぞんでいるものの
こたえをってるむね耳澄みみすます

真心まごころは ここにある
とどけて あついセレナーデ
言葉ことばよりつよつたえてくれ
められない あふれるおも

二人ふたりでいるこの空間くうかん
きみのねがいどおりめたい
なぞめいてるかげをまとって
こまるくらい綺麗きれい

ふせた睫毛まつげ ひとみなか
いた少女しょうじょがした
どうかしてる それでもいい
たしかにわかりあったんだ

無垢むくいのりはつたわる
奇跡きせき 冬空ふゆぞらのギフト
きみが ちわびていたゆき
わらった瞬間しゅんかん ぼく感謝かんしゃする

ときをかけ うたいたい
こころかすセレナーデ
あい未来みらいへと たびをしてる
きみにいま 時間じかんおくろう

ひとさびしいきものだけど
孤独こどくよるえて
チカラをくれるいとしい名前なまえ
そうさ 何度なんどでもぶよ

このこえうばえない
たましいそそぐセレナーデ
あい未来みらいへと たびをしてる
幻想げんそうわるはずない
きみにいま 永遠えいえんおくろう