1. 遺書。歌詞

「遺書。」の歌詞 Cocco

1997/3/21 リリース
作詞
こっこ
作曲
成田忍
文字サイズ
よみがな
hidden
わたし前触まえぶれもなく
ある日突然ひとつぜん
んでしまったなら
あなたは
かなしみにれては
毎晩まいばん くでしょう。
Ooh...
2人ふたり
はずだったしま
夜景やけい奇麗きれい坂道さかみち
かなわぬ明日あした地図ちず
自分じぶんめるでしょう。
骨埋ほねうめる 場所ばしょなんて
いらないわ。
大事だいじにしてたドレスも、
写真立しゃしんたても、
ひとつのこらずいて。
そしてはいになった
このからだ両手りょうていて、
かぜせて あのうみへと
かえしてください。
たとえば なにかがあって
意識いしきさえ
病人びょうにんになって
あなたのくちづけでも
目覚めざめないなら
ねがいよ。
そのうでおわらせて
そらさずに
最後さいごかお けて
見開みひらいた
やさしくせて。
そしてはいになった
このからだ両手りょうていて
かぜせて あのうみへと
かえしてください。

いつかだれかまた
もとめるはず。
あいされるはず。
そうなったら
しあわせでいて。
だけど、わたし
誕生日たんじょうびだけは ひとり、
あのおかいて。
はだかのまま およいだうみ
わたしおもって。