「JK」の歌詞 DAOKO

2015/3/25 リリース
作詞
DAOKO
作曲
國本怜,DAOKO
文字サイズ
よみがな
hidden
あさ
かじかむ指先ゆびさき
にぎるハンドル
スカートのなか
とおける空気くうき

おもたいまぶたをあけて
がた街走まちはし女子高生じょしこうせい
えきったサドルが
発育途中はついくとちゅう身体震からだふるわせるの

かお身体からだ
ほねかたち
あしのはやさ
あたまのよさ

なにからなにまで
ちがうもの同士どうし こうして
おな衣装身いしょうみにまとって
おなはこなか
整列せいれつしたつくえ椅子いすすわ
なにかまなんでいる
なにかをまなんで
づけたものが勝者しょうしゃ
その他敗者ほかはいしゃ
毎朝同まいあさおなおなじルート・ループ
ぐるぐるまわってんの
づいちゃったわたしは
校則こうそくからの拘束こうそく
とおのく王国おうこくから
すように
歯向はむかってる自分勝手じぶんかって

明日あしたはだってちゃうでしょう?
すように
はるかってる

はるはなんでないんだろう?
わたし制服せいふくさくらとも

おもたいまぶたをあけて
夕方ゆうがた街走まちはし女子高生じょしこうせい
えきったサドルが
発育途中はついくとちゅう身体突からだつすの