「星の雫」の歌詞 DEEN

2003/11/5 リリース
作詞
池森秀一
作曲
山根公路
文字サイズ
よみがな
hidden
とおはなれて6度目どめ冬支度ふゆじたくはじまる
きみりしまち
こころどこかに隙間すきまいたまま
季節きせつなかただきてた

都会とかいながれにけないようにあるいて
きみつかれているだけ

いまありのままのきみでいればいいよ
もうだれきみめやしない
背伸せのびをするのはやめて はなしをしよう
ずっとそばにいるから

うそ無理むりもないこころせればいい
だれだってつよくない
ひとりできられるひとはどこにもいない
そうさぼくきみすくわれた

とおなつ きみたたずんでいた場所ばしょ
かぜやさしくつつ

いまありのままのきみでいればいいよ
もうだれきみめやしない
いまりないものをさがすのはやめて
ただはじめにかえればいいさ
ふたり星空ほしぞら見上みあはなしをしよう
ずっとそばにいるから