「素顔で笑っていたい」の歌詞 DEEN

1996/8/5 リリース
作詞
池森秀一
作曲
織田哲郎
文字サイズ
よみがな
hidden
めまぐるしい日々ひび
われてまよっても
うつ季節きせつ
ながされたくない
だれもいない夜明よあけの
歩道ほどうで あふれる
はなし夢中むちゅうになってた
瞬間ときまるよう
ただねがった
素顔すがおわらっていたい
よろこきみてたい
こころうそつかなきゃ
いけない時代ときだから
おもどおりにきることは
むずかしいけど
きみだけは
かなしみからまもるよ
そんなにいそいで
なにさがしてるの?
まどうつ自分じぶん
くすんでた
づかぬまにきみ
きずつけて 仕事しごと
わけにしてた
大事だいじなものは ちかくに
あるはずなのに…
素顔すがおわらっていたい
ぬくもりかんじてたい
いまはまだ 居場所いばしょ
つからない けれど
ゆっくりでも いいさ
もうなにまよわないで
あるきだそう
ありのままの ふたりで

素顔すがおわらっていたい
よろこきみてたい
こころうそつかなきゃ
いけない時代ときだから
おもどおりにきることは
むずかしいけど
きみだけは
かなしみからまもるよ