「太陽の目を盗んで」の歌詞 Droog

2013/5/15 リリース
作詞
カタヤマヒロキ
作曲
荒金祐太朗,カタヤマヒロキ
文字サイズ
よみがな
hidden
どこへくのか とおぎる景色けしき
びていくかげ
ジリジリとくなっていく

ねじれたおんな ねじれたまち
最悪さいあくおれ
とびっきりの天使てんしがやってきた

くらい シナリオ
よるため
くら隙間すきま
きらわれてはめられていくのさ

Blowing in the mind
太陽たいようぬすんで
わるいことをしよう

Blowing in the mind
太陽たいようぬすんで
ここから

ほかいろに すりわらない
くろき」って
天使てんしくせ口癖くちぐせなんだ

純粋じゅんすいなのは とき残酷ざんこく
とかげのしっぽと
はなをむしるのはなにちがう?

くらあたまなか
オーバーヒート寸前すんぜん
くらかげぼうし
いてしまうまえに どうか

Blowing in the mind
太陽たいようぬすんで
よるはし

Blowing in the mind
太陽たいようぬすんで
すのさ

Blowing in the mind
太陽たいようぬすんで
ぶっとびぱなし

Blowing in the mind
太陽たいようぬすんで
あのにキスを