1. さくらのうた歌詞

「さくらのうた」の歌詞 KANA-BOON

2013/4/24 リリース
作詞
谷口 鮪
作曲
谷口 鮪
文字サイズ
よみがな
hidden
さくらがきだときみった
だけどぼくおもうんだ。

「このはなよりも綺麗きれいはなまえいてる」

なんてね。
ジョークのひとつもえずにぼく子供こどもだった
なさけなくなるなぁ
いつもくちからるのはメロディー
簡単かんたん台詞せりふせなくて

国道沿こくどうぞいをあるいてきみうたった、わすれられないや
ぼくおもいをそっときみうたった、さくらのうた

ノートをひらくときみ文字もじこえになってさる
りたままの言葉ことばあつめてきょくにしてきみかえ

なんてね。
そんな才能さいのうひとつもわせていないんだけど
いつもくちからるのはメロディー
出来上できあがったころにはもうおそくて

国道沿こくどうぞいをはしって一人歌ひとりうたった、わすれられないうた
ぼくたちだけのおもつめこんだ、さくらのうた

なんで、どうして、おしえて、こたえて
ぼく子供こどもだった、もうもどれないのかなぁ
でもね、二人ふたりたあのさくらは今年ことし綺麗きれいいているんだよ

だからもどっておいでよ、ぼくだけのさくらのはなよ。

国道沿こくどうぞいをはしってぼくうたった
きみわすれないためのうた
ほんとのぼく気持きもちをつめこんだ、さくらのうた