「羽虫と自販機」の歌詞 KANA-BOON

2013/10/30 リリース
作詞
谷口鮪
作曲
谷口鮪
文字サイズ
よみがな
hidden
わってしまったなぼく
些細ささいなことでケンカして
わるいのはどっちだ、どっちだ
つみをなすりつけって
素直すなおになることへの抵抗ていこう
あたまなかわめこうが
そんなの無視むししてすすめば
うまくいったはずだよな

そうなんです、こうやって
反省はんせいばかりをかえして
タイムマシンにった気分きぶん
6畳ろくじょう部屋へやでないものねだりになってるよ

わすれたら、きみわすれたら
後悔こうかいするかな、わかってるよな
わすれても、もしもわすれても
どうせゆめなかでばったりうのでしょう

わかってしまったよ、ぼくらがこわれてしまったわけが
りないものなどなかった
邪魔じゃまなものがおおかった

世界中せかいじゅう二人ふたりだけならばときみねがっていたこと
今更言いまさらいうのアレだけどぼくおもってたんだよ

そうなんです、こうやって
脳内のうないテープをもどして
タイムラインにった気分きぶん
ドンブラコドンブラコながれてゆくよ

わすれたら、きみわすれたら
もう涙流なみだながすこともないかな
そんな事考ことかんがえてたらいてもたってもいられなくなる
よるやみんでひかりさがしたい

わかってしまったよ、ぼくらがこわれてしまったわけが
りないものなどなかった
邪魔じゃまなものがおおかった

世界中せかいじゅう二人ふたりだけならばときみねがっていたこと
今更言いまさらいうのアレだけどぼくおもってたんだよ

きみわすれたら、きみわすれたら
もううたうたえなくなるがするよ
そんながしたよ

だから今日きょうきみうたうのだ

そんな日々ひびすくうのはやはりきみなのだ