「Winter fall」の歌詞 L'Arc~en~Ciel

1998/1/28 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
真白まっしろとき
かぜにさらわれて
あたらしい季節きせつはこ
こぼれだしたひら
ゆきははかなく きらめいて

いろづきはじめたまち
づけばおくれたみたい
じた ぼく
ふゆつめたさを
いまでも あたたかくかんじている
雪原せつげん大地だいち
二人ふたりきりの吐息といき
つないだ指先ゆびさき
大切たいせつ気持きもちをおぼえたよ
けだす世界せかい
こころ うばわれて
無邪気むじゃきひとみにゆれる
りそそぐゆきやさしく
笑顔えがお つつむから
ぼく永遠えいえんねがった

彼女かのじょつめていた
窓辺まどべかれたガラス細工ざいく
透明とうめいゆき結晶けっしょうかがやきを
おもわせてはせつなくかさなる
こころ螺旋らせんより
さまよいつづけるぼく
あやまちは突然とつぜん
まえをふさいであざわら
真白まっしろとき
かぜにさらわれて
あたらしい季節きせつはこ
いまむねもる
おもながめては
えないためいきかべた
そびえたつそら かこまれて
ふるえるかたいやせない
こごえるくもおおわれて
らんかおでもえる太陽たいよう

静寂せいじゃく彼方かなた
けがれないきみつめ
おそすぎた言葉ことば
もうとどかないね
せられ けだす世界せかい
こころ うばわれて
無邪気むじゃきひとみにゆれる
りそそぐゆきやさしく
笑顔えがお つつむから
pieces of you
pieces of you
lie in me inches deep
真白まっしろとき
きみは さらわれて
おだやかな日差ひざしのなか
ぼくくした面影おもかげ
さがしてしまうけど
はるおとずれをってる
そびえたつそら かこまれて
らんかおでもえる太陽たいよう