「マラソン」の歌詞 SMAP

1996/8/12 リリース
作詞
戸沢暢美
作曲
谷本新
文字サイズ
よみがな
hidden
どんなうんを Yeah
つかまえてても
どんなキスに Yeah
おぼれているとき
たぶん いまがすべてじゃないさ
どんなにもさきがある

まった時計とけい
あたらしい電池でんちれた
なにかべてかけよう
今日きょうをちゃんとはしろう

いつもマラソン
ペースをめて
ひとりマラソン
まえすすんでたい Yeah
らくないとおしさにあまえれば
こいはマラソン
あとがない Yeah

どんなもんだ Yeah
むねるたびに
どんなわなも Yeah
仕掛しかけられてしまう
まるで いいことは瞬間しゅんかん
どんなヤツもづいてる

彼氏かれしられた
がおをはげますけど
うずくまった快感かいかん
はまるきみが あぶない

きみもマラソン
していてごらん
日々ひびはマラソン
いつかナチュラル・ハイ Yeah
つまずいて怪我けがしていたくても
ハート・マラソン
かがやける Yeah

ぼくもたまにながいトンネル
せずに
ジタバタして息切いきぎ
シャクだぜ

いつもマラソン
体力たいりょくつけて
ひとりマラソン
休憩きゅうけいれて Yeah
ひときることが しあわせに
出会であう マラソン
だといいね Yeah

きみもマラソン
していてごらん
日々ひびはマラソン
いつかナチュラル・ハイ Yeah
つまずいて怪我けがしていたくても
ハート・マラソン
かがやける Yeah