「約束。」の歌詞 SUPER BEAVER

2014/2/12 リリース
作詞
柳沢亮太,渋谷龍太
作曲
柳沢亮太
文字サイズ
よみがな
hidden
夕暮ゆうぐれにつつまれるとき
さびしさがなつかしくなって
名前なまえ記憶きおくなか
たびするようにもぐんでは

そこには今日きょう欠片かけら
明日あす理由りゆうさがしてみないかい
あなたがしいものを
たとえばぼくわせてよ

また明日あす また明日あす ぼくとあなたの約束やくそくにしよう
また明日あす またいたい あなただけの意味いみになればいい

あなたのことをおもしてる
ぼくのことわすれていたって
そんなことはどうでもいよ
ぼく世界せかいにあなたはきている

おなそらしたとか
曖昧あいまいだよなぁ わかってるけどさ
おな時間じかんなか
ちが表情ひょうじょうをしているだけ

また明日あす また明日あす ぼくはあなたに約束やくそくをしよう
また明日あす またいたい 記憶きおくなか ゆめなかでもいい

わらってしまうくらいに
かえすダメな自分じぶんいま
いてしまうくらいの
特別とくべつ瞬間しゅんかんあるいているんだろう

夕闇ゆうやみつつまれるとき
さびしさはいとしくもあって
たびをした記憶きおくてで
わらうのはだれ ねえ何故なぜ いまがあるんだろう

また明日あす また明日あす ぼくとあなたの約束やくそくにしよう
「また明日あす またいたい」ぼくとあなたの意味いみになるでしょう

いてしまうくらいの
さよならは いつかつよさにわって
いてわらうくらいの
特別とくべつをあなたにせてくれるだろう

朝焼あさやけにらされるとき
はじまりを意識いしきするとき
ぼんやりとおもしてよ
おな世界せかいひとりじゃないこと