「pan」の歌詞 SUPER BEAVER

2008/11/5 リリース
作詞
柳沢亮太
作曲
柳沢亮太
文字サイズ
よみがな
hidden
すれちがひとにする だれかの言葉ことばにしてる
くらべたところ仕方しかたないのに

ありのままとかぼくらしさとか いたいことはわかるけど
それを自分じぶん理解りかいするのはむずかしくて

ほらまたひとにする だれかの言葉ことばまどわされてる
いくらあがいてもぼくぼくなのに

透明とうめい空間くうかんぼくらのようかたちあるものを際立きわだたせて
なになんなのか わからなくなることもあるけど

きみしろがもし ぼくくろであっても
きだとってくれるなら ぼくはこのままでいい
無理むりかざけたり だれかをえんじてみたって ほら
それでもぼくぼくだから きっとこのままでいい

たとえば今朝けさパンをべていれば いつもより遠回とおまわりすれば
すこしはなにかがわったかなって

ビデオのようには もどせないのに
あれもこれもとかんがえてしまう

一人ひとりじゃどうも気付きづけないことあるみたいだと 気付きづけけたのは
多分たぶん いつもまえにある
きみ」というの スクリーンが
ぼく」をうつすから

きみしろがもし ぼくくろであっても
きだとってくれるなら ぼくはこのままでいい

きみうならきっと それがぼくなんだろう