1. 初雪歌詞

「初雪」の歌詞 amazarashi

2009/12/9 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
青森駅前あおもりえきまえゆきたせなかったいつかの約束やくそくが バスていとどまる少女しょうじょいた しろいき一緒いっしょ夜空よぞらえた
もりだしたのは彼女かのじょ記憶きおく感傷かんしょうとわずかな後悔こうかい ながびるぼく足跡あしあとも やがてそれにされるだろう

おもえばとおくへたもんだ いや とうよりしにもどったのか 自嘲気味じちょうぎみすその一歩いっぽ今日きょうわらずまよってばかり
それでもここにとどまるよりは いくらかましだとしんじてる かたもったゆきをみておもすこやすみすぎたみたいだな

いかないでくれと める おも
りほどいてぼくは どこまでいけるのだろ

初雪はつゆきかぜかれて ぼくらのまち とおぎただけ
きみやさしさ かぜかれて ぼくむね とおぎただけ

ゆき昨日きのうからむことをらず かけようとドアをけためる 綺麗きれいだなとおもうよりはや面倒めんどくさいななんて一人ひとりごちる
かさはないし 時間じかんい ましてや期待きたいなんてあるはずもく ただかうべき目的地もくてきち焦燥しょうそうだけはてるほどある

そんな毎日まいにちきてます ぼくはなんとかやってます これを幸福こうふくとはおもいませんが かといって不幸ふこうともおもいません
ただ きみがいなくなったことで 出来でき空白くうはくめられずに 白黒しろくろえるまち景色けしき してゆきのせいではないのでしょう

かなしいことなんて あるものか あるものか
りほどいてぼくいそいでかけなくちゃ

初雪はつゆきかぜかれて ぼくらのまち とおぎただけ
きみやさしさ かぜかれて ぼくむね とおぎただけ

ゆき今日きょうむことをらず いそぼくあしはもつれる
わらったなが月日つきひたしかにかりえたなにかも
全部嘘ぜんぶうそだとれたら ぼく簡単かんたんあるけるのに
でも大丈夫だいじょうぶ ちゃんと まえすすめているよ

初雪はつゆきかぜかれて ぼくらのまち とおぎただけ
ぼくはそれに すこいただけ ふゆかぜ心揺こころゆれただけ