「春風」の歌詞 flumpool

2008/11/19 リリース
作詞
Ryuta Yamamura,Rui Momota
作曲
Ryuta Yamamura,Rui Momota
文字サイズ
よみがな
hidden
もっと はなしていたいよ
ずっと わらっていたいよ
きっと いつまでも わることない
きみのいない 日々ひびなど
想像そうぞう出来できなかった

ずっと つないでいたい
ぎゅっと にぎめていたい
きっと いつまでも わることない
きみといた 日々ひびいま
もう一度いちどだけで いいから

もしもねがいが かなうのならば
ぼくはいつでも きみいに
いくつものよる えてただろう
きみささげる ただ このうた

りんとしたきみかお
ちょっと甲高かんだかこえ
いつか 記憶きおくから えてしまうなら
いますぐ「さよなら」
それが出来できないから うたうよ

たとえねがいが かなわなくても
ぼくまよわず きみいに
いくつものよる えてただろう
きみささげる ただ このうた

去年君きょねんきみがくれた
リュックのポケットに
「がんばれ」っていた手紙てがみ
いま季節きせつわる
あたらしいかぜ
この声届こえとどけ もう一度いちど きみのもとへ

きみといたまち 雑踏ざっとうなか
きみ面影おもかげ さがしてしまう
ただいたくて ただいたくて
いつまでも ただ すくんでた

もしもねがいが かなうのならば
ぼくはいつでも きみいに
いくつものよる えてただろう
きみささげる ただ このうた