特集一覧

泣き顔は見せないPop Star。チームしゃちほこの『Cherie!』

チームしゃちほこは、ももクロの妹分にあたる、スターダスト芸能3部に所属するアイドル。名古屋を拠点にしています。6人組ですが、2016年4月現在、めまい症で1人活動休止中。2016年4月7日に発売の『Cherie!』のMVでは、そんな休止中メンバーのカラー、ピンクをそれぞれのメンバー衣装に入れています。春らしい可愛い雰囲気の曲。CMJKの大胆なアレンジが曲をドラマチックに彩ります。

死ぬじゃない4、喜びの4だ!BABYMETAL『4の歌』

BABYMETALは、アイドルとメタルの融合をコンセプトにかかげる3人組ユニットです。通称ベビメタ。海外でも人気をほこるベビメタは、今後初の東京ドーム公演も決定しています。

でんぱ組.incは『ちゅるりちゅるりら』と現代の戦国時代を戦っている

でんぱ組の2014年発売のシングル、『ちゅるりちゅるりら』。日清カップヌードルCMソングです。知名度をぐんぐん上げてきたでんぱ組の待望の大型タイアップソング。作詞作曲は、ももクロなどへの楽曲提供で有名な作曲家、ヒャダインこと前山田健一。言葉を詰め込んだにぎやかな曲です。タイトル『ちゅるりちゅるりら』は、ラーメンをすするちゅるりちゅるりという音であり、日本の伝統音楽の笛の音色でもあります。

清竜人25の『ラブボクシング』で強烈なアッパーを食らおう

清竜人25は人気上昇中の一夫多妻制アイドルユニット。シンガーソングライターの清竜人をセンターにその周囲を6人の妻達が囲むという独自のスタイルをとります。 その代表曲の一つ『ラブボクシング』。男と女の関係をボクシングに例えている歌です。

最も売上枚数が少ないAKB48シングル『夕陽を見ているか?』を聴いているか?

『夕陽を見ているか?』は、AKB48の初期の曲。2007年発売のシングルで、オリコン順位は10位でした。1位が当たり前になっているAKBでもそんな時代があったのだ、と思わせる順位。作詞の秋元康にとってはすごく思い入れのある曲。秋元康自身は、この曲の時点でブレイクできるという思いがあったと言っています。その思い入れのためか、2013年にインドネシアのJKT48にこの曲をカバーさせているほど。MVには、前田敦子、大島優子、板野友美など初期AKBを形成したメンバーが若い表情で登場しています。渡辺麻友も、まだ目が笑っていなかった頃。

メロイックじゃないキツネさん!BABYMETALに『いいね!』せよ

BABYMETALは、アイドルとメタルの融合をテーマにしている3人組ユニット。海外公演を多数行なっており、2016年4月には日本人アーティストとして初めて、イギリスのウエンブリーアリーナでの公演を行ないます。