「大阪情話 ~うちと一緒になれへんか~」の歌詞 中村美律子

1990/2/15 リリース
作詞
もず唱平
作曲
聖川湧
文字サイズ
よみがな
hidden
ひとはこころや
ぜにやない
いたらあかん
いたらあかん
別嬪台べっぴんだいなしや
飛田とびたのおみせるという
十日戎とうかえびすまえばん
あんたがいうた
言葉ことばわすれへん
うちはいまでも
わすわすれへん
(セリフ)
(きながら通天閣見上つうてんかくみあ
これでウチの人生じんせい
おわりやとおもった)
(セリフ)
(けどんだらあかん
精一杯生せいいっぱいいきてみよ)
(セリフ)
(あんたの言葉ことばきいて
そうおもたんや)
なに不足ふそく
らんけど
すねたらあかん
すねたらあかん
おとこがすたります
くしで
たクセに
愚痴ぐちさかなにはしござけ
道頓堀どうとんぼりかもめ
わらわれる
うちもいやです
きらきらいです
(セリフ)
(なァ あんた
ヤケ酒呑ざけのんでも
なんにもわらへん)
(セリフ)
(このこったこと
この
おさまらんはずがない)
(セリフ)
(やまよりおおきい
獅子ししえへん
おおきいちいなァー)
ゆめてたと
いうのなら
ひろうてげる
ひろうてげる
大事だいじにあたためる
はな十九じゅうく十五じゅうごまで
ともにどぶ板踏いたふんだなか
けぼっくいに
いまこそをつけて
うちと一緒いっしょ
なれ なれへんか
うちと一緒いっしょ
なれ なれへんか