「幸せ」の歌詞 back number

2011/4/6 リリース
作詞
清水依与吏
作曲
清水依与吏
文字サイズ
よみがな
hidden
本当ほんとはもうかってたの
あなたがどんなにそのひときなのかも
となりにいるわたしじゃいってこと
本当ほんとうはもうってたの

あなたがこいちてゆく
そのよこわたし
そっとあなたにこいをしていたの
なんにも気付きづかないでわらうあなたの
横顔よこがおをずっとていました

最初さいしょから
あなたのしあわせしかねがっていないから
それがたとえわたしじゃないとしても
ちゃんと最後さいご
かくしたおもいがつからないように
よこから背中押せなかおすから
だれよりもしあわせにしてあげて

あなたがいましているのは
わたし一番聞いちばんききたくないはなしなのに
それでもつづけるのは
あなたにえなくなるよりは
まだすこしだけましだから

わたしきたかったのは
終電しゅうでん時間じかんでもきなひと悪口わるぐちでもなくて
せめて今日きょうのためにったかみ気付きづいて
似合にあってるよってってほしかった

最初さいしょから
あなたのしあわせしかねがっていないから
それがたとえわたしじゃないとしても
ちゃんと最後さいご
かくしたおもいがつからないように
よこから背中押せなかおすから
もうすこしここにいて

こんなにきになるまえ
どこかでてなかったのかな
わたしえらんでのぞんでこいしたんだから
かなわなくても気持きもちがつたえられなくても
こんな気持きもちになれたこと大切たいせつにしたい
本当ほんとうだよ

いたくて
でもほらよこにいても
またつらくなってる
そのひとよりわたしほうさき
きになったのになぁ

でもわたしがあなたをきなくらい
あなたもおもっているなら
わたしじゃやっぱりダメだね

最初さいしょから
あなたのしあわせしかねがっていないから
それがたとえわたしじゃないとしても
ちゃんと最後さいご
かくしたおもいがつからないように
よこから背中押せなかおすから
だれよりもしあわせにしてあげて