1. 歌詞検索UtaTen
  2. コラム&特集
  3. バンド
  4. back number

ラブソング界の王、back numberの魅力を解説!

共感を集める歌詞と、独特な歌声で若い世代を中心に人気を集めるバンド、back number。ラブソングといえば今やback numberなしでは語れない!今回は、そんなback numberの魅力を解説していきます。

back numberとは?


back numberは、2004年に群馬県で結成されました。まずは、バンドについて詳しく見ていきましょう。

バンドメンバーの紹介

・清水依与吏(ボーカル・ギター・作詞作曲)
1984年7月9日生まれ
群馬県太田市出身

・小島和也(ベース・コーラス)
1984年5月16日生まれ
群馬県伊勢崎市出身

・栗原寿(ドラムス)
1985年7月24日生まれ
群馬県伊勢崎市出身

バンド名の由来が深い!?

「back number」というバンド名には、ボーカル依与吏さんの過去が関係しています。

高校時代、付き合っていた彼女をバンドマンの男にとられてしまい、「振られた自分は、自分を振った彼女にとって過去の男(型遅れ)で、まるで雑誌のバックナンバーのようだから」という意味からこのバンド名がついたそうです。

ちょっと切ない由来ですが、失恋を「型遅れ」と表現するところが、既に素晴らしい表現力ですよね!

歌詞と声の絶妙なマッチ

back numberの楽曲の特徴は、なんといっても「リスナーに寄り添った恋愛ソング」。切ない心情や失恋を歌った曲が多く、等身大で書かれるリアルな歌詞は、リスナーの共感をしっかりつかんでいます。

また、ボーカルの依与吏さんの声は音域が広く、高い声や裏声で歌いきる場面も。語尾を震わせ、まるで泣き出してしまいそうな声で歌う楽曲は、思わず涙を誘います…。

そんな独特な歌声が、リスナーの心にも響いてさらに歌の情景を思わせるのでしょう。男性ながら、女性目線で歌った曲も少なくないので、若い女性からの支持を特に得ています。

back numberといえば?代表曲を紹介

back numberは数々の名曲を生み出してきました。今回は、その中でも厳選した心に残る名曲3選をご紹介します!

ヒロイン



『ヒロイン』は、2015年1月21日にリリースされました。東日本「JR SKISKI」のCMソングにも抜擢されたこの曲は、冬の雪景色を見て好きな人を思い浮かべる切ないラブソングになっています。

----------------
あぁいま隣で
雪が綺麗と笑うのは君がいい
でも寒いねって嬉しそうなのも
転びそうになって掴んだ手のその先で
ありがとうって楽しそうなのも
それも君がいい
≪ヒロイン 歌詞より抜粋≫
----------------

雪が降ってきた景色を見て「君」を思い浮かべ、どんな場面も「君」といたい!という思いが伝わってくる歌詞ですよね。

タイトルの「ヒロイン」。どんな場面のヒロインも「君」しかいないということでしょう…素晴らしい冬の名曲です!

オールドファッション


『オールドファッション』は、2018年11月21日にリリースされました。この曲は、TBS系金曜ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と~」の主題歌として注目を集め、ドラマとマッチした歌詞も注目を集めました。

----------------
単純な事なんだきっと
比べるまでもないよ
僕に足りないものを 全部
君が持ち合わせていたんだ
悲しくなるくらい
ああ それを今数えてた所だよ
≪オールドファッション 歌詞より抜粋≫
----------------

「君」の素敵さを、「僕」がストレートに伝える歌詞です。いろいろと「君」を好きな理由はあるけれど、結局自分にないものを持っている「君」が大好きだ、という気持ちを真っ直ぐに歌っていますね。

『オールドファッション』というタイトルも、聞いてドーナツを思い浮かべた方も多いのではないでしょうか?

まさにその通り。歌詞の最後には、「ドーナツ買って来てよ」という彼女の言葉も書かれているのです!この曲は、ドラマのための書き下ろし一曲。ドラマと合わせて聞くことでさらに曲の深みを感じられそうですね。

花束


『花束』は、2011年6月22日にリリースされました。この曲を基にした短編映画も、YouTubeで公開されています!ぜひ、ご覧ください。

こちらの曲は、失恋ソングが多いback numberには珍しい「彼女との幸せな時間」を思い浮かべるようなハッピーソングとなっています。

----------------
どう思う? これから二人でやっていけると思う?
んんどうかなぁでもとりあえずは
一緒にいたいと思ってるけど
そうだねだけどさ最後は私がフラれると思うな
んんどうかなぁでもとりあえずは
一緒にいてみようよ
≪花束 歌詞より抜粋≫
----------------

将来を考えている彼女と、ちょっと頼りない彼との会話から始まるこの曲。曲調も穏やかで、暖かい日曜日の午後に一緒に過ごす時間の中での会話…など、情景が思い浮かんできそうですね。

しかし少し頼りない彼の言葉…不安になりますが、サビ部分では真っ直ぐな思いを彼が口にしていきます。

頼りないけど、ちゃんと好きだよと言いたげな彼!口下手な彼なりに気持ちを伝えてくれる様子が、リアルでより幸せな気持ちにしてくれますね。

今後もback numberの世界観に期待!


いかがでしたか?backnumberの魅力は思わず自分に重ねてしまう歌詞。そして、その様子をリアルに思い浮かばせるようなボーカル依与吏さんの声。

今後もどんなラブソングを世に発してくれるのか楽しみです!

歌詞の意味を解読!?歌詞コラム3選


▷大不正解で開いたback numberの新境地とは

▷ぬかるんだ恋にご用心『助演女優症2』

▷“本当の幸せ”とは何か。back numberの『瞬き』が教えてくれた。


注目の新曲『HAPPY BIRTHDAY』



2月27日に新曲『HAPPY BIRTHDAY』が20枚目のシングルとしてリリースされます。今作は、深田恭子主演のTBSドラマ「初めて恋をした日に読む話」の書き下ろし曲でもあります。

書き下ろしといえば、前作『オールドファッション』でも、戸田・ムロ主演で注目されたTBSドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」の主題歌も担当していました。

今作でも、間違いなくドラマのストーリーを盛り上げる楽曲に仕上がっているはずと期待せずにはいられません。ぜひ、注目しましょう!

TEXT mayuka

Vocal & Guitar : 清水依与吏(シミズイヨリ)  Bass : 小島和也(コジマカズヤ) Drums : 栗原寿(クリハラヒサシ) 2004年、群馬にて清水依与吏を中心に結成。 幾度かのメンバーチェンジを経て、2007年現在のメンバーとなる。 デビュー直前にiTunesが選ぶ2011年最もブレイクが期待でき···

この特集へのレビュー

女性

UtaTen編集部

2019/07/23 12:11

貴重なご意見をいただきありがとうございます!
記事に反映させていただきました。
今後もよろしくお願いいたします。

男性

卯月ユウト

2019/07/13 18:48

レビューというかですね、訂正してほしいところがあるんです。
バンド名の由来は、「バンドをやっていない自分は型遅れ」ではなく、「振られた自分は、自分を振った彼女にとって過去の男(型遅れ)で、まるで雑誌のバックナンバーのようだから」です。

みんなのレビューをもっとみる

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約