2016年最新版!ハロウィンソングまとめ【邦楽編】

この記事の目次
  1. ・ハロウィン・ナイト / AKB48
  2. ・Crazy Party Night ~パンプキンの逆襲~ / きゃりーぱみゅぱみゅ
  3. ・ファッションモンスター / きゃりーぱみゅぱみゅ
  4. ・GHOST PARTY / Shiggy Jr.
  5. ・Mrs.Pumpkinの滑稽な夢 / ハチ


最近はUSJなどのテーマパークだけでなく、街などでも仮装してお祭り騒ぎになることが増えてきた日本のハロウィン。

それに伴ってここ数年、日本のアーティストによるハロウィンソングもどんどん台頭してきました。ここではその中でも選りすぐってご紹介!


ハロウィン・ナイト / AKB48



言わずと知れた日本のモンスターアイドルグループ AKB48のハロウィンソング! 2015年の楽曲です。

楽曲も映像もディスコ一色で、踊って楽しみたいハロウィンパーティー等にぴったりの楽曲と言えそうです。


Crazy Party Night ~パンプキンの逆襲~ / きゃりーぱみゅぱみゅ



こちらも名前を知らない人はいないでしょう。日本を代表するポップスター・きゃりーぱみゅぱみゅのハロウィンソングです。2015年の楽曲。

映像ではきゃりーがレポーターや悪魔など様々な仮装で登場します。楽曲も面白おかしく、ちょっぴり不気味な作品に仕上がっています。


ファッションモンスター / きゃりーぱみゅぱみゅ



きゃりーといえば、こちらもハロウィンソングらしい作品ですね。2012年の作品。日本のハロウィンソングのシーンを先駆け的に開拓したといっても過言ではないでしょう。

「Crazy Party Night ~パンプキンの逆襲~」とはまた異なり、ロックサウンドの要素も盛り込まれているところがクール。キュートに聴こえる歌にも「誰かのルールに縛られたくはないの」といった強い意志が感じられる詞が含まれており、聴き応えたっぷりです。


GHOST PARTY / Shiggy Jr.



「恋したゾンビ」が主人公という、少し他のハロウィンソングとは一線を画したストーリーが描かれるハロウィンソングがこちら。2015年の楽曲。

バンドでありながらも、ポップでキュートな1曲になっています。


Mrs.Pumpkinの滑稽な夢 / ハチ



米津玄師として現在活動するハチによるハロウィンソング。初音ミクを用いた作品ですね。2009年発表。

彼の武器である効果的な不協和音の利用が、愉快ながら不気味さを感じられるハロウィンらしさの演出に活きていますね。




あなたのBESTハロウィンソングはありましたか? UtaTenでは現在、その他たくさんの楽曲を含めてみんなで選ぶハロウィンソングRANKINGを開催中。是非こちらも覗いて投票してみてください。

Myハロウィンソングを投票!
洋楽編まとめを見る

BAND-MAID 『Brand Ne…

2016年最新版!ハロウィンソングまと…