1. 結成20周年のBUGY CRAXONEボーカル"すずきゆきこ”が語った20年の歩み【インタビュー】

結成20周年のBUGY CRAXONEボーカル"すずきゆきこ”が語った20年の歩み【インタビュー】

1月18日にふたたびメジャーから新作アルバム『ミラクル』を発売するBUGY CRAXONE。

2017年1月17日

Interview

長澤智典


この記事の目次
  1. ・新作アルバム『ミラクル』についてすずきゆきこにインタビュー
  2. ・みなさんに力を借りながら20周年を満喫しようと考えるようになりました
  3. ・誰だって、嫌なことって当たり前にあるはず
  4. ・ちゃぶ台をひっくり返すくらいのことをしないと、物事って動かない
  5. ・まだまだ元気なハッタリをかましていこうと思ってて
  6. ・バンドを続けていくことも、作品を作り続けてゆくことも覚悟の連続
  7. ・今年は出来るだけ起きて活動していたいなと思ってます(笑)
  8. ・BUGY CRAXONE 最新情報
  9. ・リリース情報
  10. ・ライブ情報


結成20周年を迎え、1月18日にふたたびメジャーから新作アルバム『ミラクル』を発売するBUGY CRAXONE。この作品は、20th BEST ALBUM。

BUGY CRAXONEがどんな想いで20年を歩んできたのか、ここに、ヴォーカルすずきゆきこの言葉を借りて紹介しよう。

新作アルバム『ミラクル』についてすずきゆきこにインタビュー



みなさんに力を借りながら20周年を満喫しようと考えるようになりました

――BUGY CRAXONEは今年結成から20周年を迎えますが、20年という数字に重みを感じることもあるのでしょうか?

すずきゆきこ(以下、すずき):バンド活動を行うのは自分が生活していくことの延長線上にあるように、「句読点を打つことなく演り続けるのが一番自然体でいいな」と思っていたんですけど、20周年というのはなかなか迎えられないこと。そこはせっかくの機会なので図々しく、みなさんに力を借りながら20周年を満喫しようと考えるようになりました。

――20周年を一つのイベント事として楽しもうと。

すずき:そうですね。ステップアップしてゆく弾みをつける年という意味でも、めでたくやれたらなと思ってます。

――だからアルバム『ミラクル』も、ベスト盤とはいえ、止まることなく進み続ける意志を投影する形として新曲も数多く収録したわけですね。

すずき:そうなんです。なんか「はい、20年間演ってきました」と一つのまとめ作業に入るよりも、ここからまた活動に弾みをつけてく作品にしたほうが、メンバー個々のこれからの人生やバンドにとっても良いだろうし、ナイスちゃん(ファン)たちにもワクワクしてもらえる。「演る側も観る側も、そういうドキドキワクワクしていくものを今はすごく必要としているな」。そんな風に思ったのと、何より自分達がそれを必要としているなと感じたからこそ、そういうベスト盤を作りました。

――収録した曲たちを聴いてても感じることですが、ゆきこさんってめっちゃポジティブですよね。

すずき:この先の自分の人生を出来るだけ伸び伸びと、いろんな方向へ伸ばしていきたい。それを歌として形にしていくためには、そういう想いは良い経験の材料になるなと思ったので。

――良い経験の材料ですか?

すずき:バンド活動を続けていくことは、私たちそれぞれの人生にもかかってゆくこと。これまでもBUGY CRAXONEはそのときにやれること全部を実践し、失敗や成功を繰り返しながら、それらを人生のスタミナに変えてきました。それは、これからも続くこと。しかもメンバーみんないい大人なので、BUGY CRAXONEとして活動すること自体が仕事だと思うんですね。それは、ビジネスという意味ではなくライフワークとして。
 バンド活動の中に楽しみを見いだしながら生きていくことが私たちの心構えとして大事なこと。そういう意味に於いて、自分の人生や仕事に対する向き合い方を改めて見つめ直すいい機会に、今回のアルバム制作や20周年という期間はなっていると思います。

――BUGY CRAXONEとして活動を行うことはライフワークっていいですね。これからも変わることなく、30周年や40周年を迎えながら活動を続けていくんでしょうからね。

すずき:そうですね。ただし、時には休まなければいけない時期が来るかも知れない。そこはみんなの生きてくうえでの事情もあることですからね。今やメンバーにとってBUGY CRAXONEは人生を賭け続けていくもの。メンバーみんな年齢も年齢なので、青春の1ページでやる歳なんかとっくに過ぎている。だからこそ、メンバーそれぞれの暮らしとしっかり折り合いもつけながら健やかに演り続ける方法を私たちは作っていきたいなと思ってます。

誰だって、嫌なことって当たり前にあるはず

――今は、BUGY CRAXONEと共に人生を歩むための環境作りも行っているんですね。でも、それって以前からやってきたことでもあるのかな!?とも想像します。むしろ、それをやれているからこそ20周年を迎えるまでの歩みを続けてきたというか…。

すずき:確かに、その意識を徐々に持つようにやってこれたから、今、そういう考えに至れてるんだと思います。20代前半の時期や30歳を目前にした頃は、心がばたついた時期もありました。進み続ける中「若くないと出来ないよね」ということも、その時期ごとに表現もしてきました。それは今後も変わらないこと。「きっと何年後かになったらこういうことは出来ないよね」と思えることは、その時代の中でしっかりやり続けてきたし、これからもやり続けていくんだと思います。

――すずきさんの書く歌はどれもポジティブですが、それはいろんなネガティブな要素も飲み込み昇華したうえで、それでもポジティブに未来へ進もうという想いなのでしょうか?

すずき:そうですね。気持ちを前へ向けてゆく生き方や暮らし方というのは、もう生活の知恵だと私は思ってるんです。今でも、そう。いろんな人たちの力を借りながら音楽活動を続けていく中、機嫌良くいられるのはすごく大事なこと。歌や行動を通して人をそういう気持ちにさせるのもすごく重要なことだと思う。
私もそう、誰だって気分の乗らないときや体調が優れないとき、嫌なことって当たり前にあるはず。でも、それを乗り越え生き抜く方法を知ってゆくのも、私にとってはすごく大事なことなんです。

――あえて自分で自らの気持ちを鼓舞していくような感じ。もしやBUGY CRAXONEの歌って、すずきさん自身へ向けて歌っていません??

すずき:200%そうですよ(笑)。私は手放しで明るい性格じゃないので、そこは工夫をしながら生きてかなきゃいけないことだから(笑)。
まだまだ年齢が若い頃は、世の中の不条理なことや自分自身の疑わしいところを突き詰めていけば、その先に答えがあると思っていたし、そう信じて続けてきました。でも、それをやり続けていくと…あまりにも物事を考え込み過ぎちゃうと気分も落ち込んでいくし、食べ物も美味しくなくなるし、身体や心が持たなくなる。むしろ、その姿勢を突き詰め過ぎると、逆にいい答えが待っているとは思えなくなっていた。それに気づいてからは突き詰める作業を辞め、いかに必要のないものを抜いてくかへ気持ちを変えていくようになりました。それこそ、毎日規則正しい生活を送りながら心健やかでいられる。それが、何よりもいいことだなってことにも気付けました。

――突き詰めるときもあるんでしょうけど、心を開放するときだって必要なこと。そういう心のバランスは大事なんでしょうね。

すずき:そうですね。そこをしっかりしていけば、極端に駄目になったり極端に道を外れることはないと思います。

――その気楽さが大切だ。

すずき:そう。責任感を持つのと気負うってぜんぜん違うこと。もちろん、ビシッとやるときはやるんだけど、力を抜いて「調子はどうだい??」くらいの軽い意識でいたほうが、何事もスムーズに進んでいくなと私は思ってます。

ちゃぶ台をひっくり返すくらいのことをしないと、物事って動かない



――BUGY CRAXONEの楽曲を聴いてて感じるのが、肩を組み一緒に横に並びながら「前へ進もうぜ」と励ましてゆく歌たちが多いことなんです。

すずき:私が欲しいのは、ライブを通しナイスちゃんたちと一緒に素晴らしい体験を共有し続けていくことなんです。そのためにも同じ目線でいるのではなく、私たちがみんなと同じ気持ちでいる。だから、そういう歌になっていくんだと思います。

――『ブルーでイージー、そんでつよいよ』では、冒頭から「なめんなよ!」と力強く感情を鼓舞していきます。あの気持ちが、めっちゃいいですね。

すずき:『ブルーでイージー、そんでつよいよ』に書いたのは、小さくちゃぶ台をひっくり返すくらいの勢いというか(笑)。それがバイオレンスになるのは嫌だけど、お茶の間を小さく賑わすくらいの。それこそ、ちゃぶ台をひっくり返すくらいのことをしないと物事って動かないじゃないですか。それにBUGY CRAXONEの音楽は、明るく元気なものでありたい。時には「疲れたなぁ」「だりぃなぁ」と歌っても良いと思うんですけど、その感情さえ、最終的にみんなの気持ちの清々しさに繋がってゆくように着地する作品にしたい。今のBUGY CRAXONEでは、あえてそう決めちゃっているところはあります。

――だから、聴いてて気持ちを上げてくれる歌が多いんだ。

すずき:そうかも(笑)。しかも私たちの場合は、活動の節目節目でいろいろ小さくちゃぶ台もひっくり返し続けてきてますからね(笑)。

――それ、大事です。

すずき:みんな、どんだけ真面目にしっかりやりながら生きてたって、心の中では「なめんなよ」ってなることってあると思うんです。その感情を歌を通して明るく言うか言えないかの違いっていうか。「そりゃあ日々むしゃくしゃもするさ、でも、そんなもの笑い飛ばしてしまえ!!」という、そういう生き方って感じです。

――マイナスな心模様さえも、すべてポジティブに変えてるんですね。

すずき:そう、その力が今のBUGY CRAXONEは一番強い!!

まだまだ元気なハッタリをかましていこうと思ってて

――アルバム『ミラクル』へ収録した楽曲の中、「これ!!」という自分なりに気に入ってる歌詞があったら、ぜひ教えてください。

すずき:そうだなぁ…。タイトルを付けたときに「よしっ!!」って思えたのが、『ブルーでイージー、そんでつよいよ』。BUGY CRAXONEというバンド名は、悲観的な印象を与えるブルーと楽観的な言葉として響いてゆくイージー。その言葉を足して2で割って、そっから発する音(クラクション)という意味で名付けました。このバンド名をつけた当初は攻撃的な想いが強かったんですけど、最近ではその強ささえ「ありがとう」と言えるくらいの懐を持って表現していけるようになりました。
昔は、自分で「強いよ」なんて言えなかった。でも『ブルーでイージー、そんでつよいよ』の中で「つよいよ」と言ってるように、今は、あえてそういう言葉も図々しく言おうと思ってて。

――昔は、なかなかその言葉を言えなかったのでしょうか?

すずき:「そういうことを言ってしまうのは、ちょっと身の程知らずかな!?と思い黙っていたところもあれば、変に自分たちを守ってしまうあまり、「強いよ」と言い切れない自分がいました。でも今は「強いよ」と図々しく言ってかないと、本当の意味で強くはなれないなと思って。言葉にしながら有言実行していこう。今は、そういう気持ちなんだと思います。

――なるほどね。

すずき:心のど真ん中は身の丈にあったスタンスで良いと思うんですけど、表現していくうえでは何事もそう、自分が持っている夢よりもほんの少しだけ大きな夢へ向かうこと。自分に与えられた仕事よりも少しだけ多くの成果として返すことが、自らの成長に繋がること。むしろ、そういう風に心を向けていかないと環境だって広がらないし、自分だって成長していけないと思うんです。ある程度高い目標を掲げてないとジャンプだってしていけない。そういう意味でも、まだまだ元気なハッタリをかましていこうと思ってて。

――元気なハッタリっていいですね。

すずき:もうちょっとだけそれをやらせてくださいって感じですね。何いつか、年齢的にもどっしりしなきゃいけない時期が来ると思うんです。そりゃあ、おばあちゃんくらいになったら何でも来いの姿勢でいられると思うんですけど、そこへ至るまでの道のりはとても大事なこと。だからこそ今は、もうちょっとハッタリをかましていようよ。いろいろ大きいことを言って元気ハツラツでいようよと思ってるんです。

――『いいじゃん』の歌詞じゃないけど、「いいじゃん~わたしたちポジティブ』と歌われると、「うん、そうだよな、それでいいよな」と思っちゃいますからね。

すずき:むしろ、その言葉を自分自身に言い聞かせてるところもありますからね。せっかく一度きりの人生だし、今年20周年ということでいろんなことをスタッフさんたちも用意してくれている。だったら安定圏内でちっちゃくなるのではなく、そこを超えるくらいのことをやっていきたいなと思って。もちろん、大きく道を踏み外すよう行き過ぎない程度のこととしてね(笑)。

バンドを続けていくことも、作品を作り続けてゆくことも覚悟の連続



――アルバム『ミラクル』には、ここ10年間の活動の中で形にしてきた曲たちを収録しています。選曲するに当たって掲げた基準も、ぜひ教えてください。

すずき:デビュー15周年のときにもBUGY CRAXONEは一度ベスト盤を作りました。そのときは、デビュー時期からその時点までのベスト盤という形でまとめあげたんですけど、そういうベスト盤とは違うのを作ろうというのが最初にあったことでした。今年は、怒髪天の増子さんが主宰するレーベル「Northern Blossom Records」へ所属してからちょうど10周年ということもあり、今回はその10周年の区切りの中から多くの新曲も交えたうえで選ぼうと決めました。

今回テイチクさんからリリースをするように、この機会に初めてBUGY CRAXONEの音楽を聴いてくれる人たちも増えると思います。だったら、「これを聴いてもらったらBUGY CRAXONEのことをわかってもらえる」というチャームポイントとなる楽曲を、今までに発売したそれぞれの作品の中からセレクトをする形で詰め込みました。加えて、過去の楽曲の中には今とは異なるメンバーで残した音源もあれば、今の4人でライブ演奏を重ねてゆく中、あの頃以上に成長した曲たちも増えている。だったら、そういう曲たちも今のメンバーで再録しようということから、新たに録り直した形でも過去の曲たちはいくつも入れてます。

――個人的には、『ハレルヤ』や『なんとなく Be happy』が大好きなんです。

すずき:『ハレルヤ』は、ちょうど震災があったときに書いた曲。『なんとなく Be happy』は、もう一回バンドのことを見つめ直しBUGY CRAXONEとして生きていこうと決めたときに書いた曲。とくに『なんとなく Be happy』は、まだまだ心配なことは残ってるけど、たとえハッタリでも構わないから出来るだけ元気に笑って挨拶をしようよ。「調子はどうだい?」と聴かれたときに「元気だよ」と言えることがスタートだよねと思えた時期に作りました。2曲とも、BUGY CRAXONEという歩みの中の大きなポイントになった曲たちなんです。

――むしろ、どの歌もBUGY CRAXONEの歩みの中でポイントを示す曲たちじゃないですか?

すずき:そうなんです。バンドを続けていくことも、作品を作り続けてゆくことも覚悟の連続。そういう繰り返しの中でポイントになった曲たちを、ここに詰め込みました。

――今のすずきさんにとって、この『ミラクル』はどんな1枚になりましたか??

すずき:よく頑張ったなぁと思います。この10年間、その前の10年間もそう。とくにここ10年はバンドマンとしての生き方や有り方を大きく変えた日々だったように、その10年間の歩みを形として残せたのはすごく恵まれているなと思います。

今年は出来るだけ起きて活動していたいなと思ってます(笑)



――今年は20周年の年、まだまだいろんなことを仕掛けていくのでしょうか?

すずき:せっかくの機会ですからね。むしろ、そうしていかないと気が済まない(笑)。

――すでに、11月19日に渋谷クラブクアトロを舞台に20周年記念ワンマンライブを行うことを発表していますからね。

すずき:早い時期から何度も言いながら、みんなにこの日のことを覚えてもらわないと(笑)。そこへ至るまでの日々の過ごし方だって、とても貴重なものになっていくはず。それらの日々で得たものを全部連れてBUGY CRAXONEは渋谷クラブクアトロのステージに立ちたいなと思ってる。もちろん、みんなにもこの日を楽しんでもらいたいなと思っています。

――この日のワンマンも、BUGY CRAXONEとしての長い人生の中では一つのポイントでしかないのかも知れませんよね。

すずき:一瞬の出来事だと思います。だけど、こんなにもいろんな材料を手に楽しめる機会なんて、20周年という時期でなきゃないだろうし、そもそもバンドを20年間もやるなんて思ってもいなかったこと。この日のワンマンライブは、すごく大事なものになります。もちろん、これから先もBUGY CRAXONEは長く活動を続けていくけど、ただ、軽々しく「続けます」とは言えない。何となくだったら出来ることだけど、でも、そういう姿でBUGY CRAXONEをやるのは違うこと。
今のBUGY CRAXONEなら、どんな未来でも絶対に良くしていける自信がある。それを、より良い形でバンドとナイスちゃんたちと共有していくうえでも、この日はとても大事なワンマンライブになると思います。

――BUGY CRAXONEにとっての音楽活動は趣味の延長ではなくライフワークだからこそね。

すずき:そう。音楽って、結局は自分のハートから来るもの。それがしっかりないと人には伝わっていかないと思う。今年はいろんなことをいっぺんに出来る年だと思うからこそ、元気なままにそれをやり続けたい。熱とかだして寝込むなんて、もったいなさすぎて出来ない(笑)。

私、いつも寝てばっかりいるし、寝るのが趣味なんですけど(笑)。今年は出来るだけ起きて活動していたいなと思ってます(笑)。



Interview:長澤智典
Photo:片山拓

リリース情報

2017/1/18リリース
「ミラクル」


ディスク:1
1. ブルーでイージー、そんでつよいよ
2. ぶるぶるぶるー
3. いいじゃん
4. Come on
5. FAST
6. dreamer
7. ロマンチスト
8. チーズバーガーズ・ダイアリー
9. ハレルヤ
10. ガーデン
11. いいかげんなBlue
12. NY
13. なんとなく Be happy
14. ナイス・ナイス・ナイス
15. ベリナイス
16. たいにーたいにー

ディスク:2
1. NORTHERN ROCK
2. WATCH YOUR STEP
3. Why not?
4. Come on
5. FAST
6. いいじゃん
7. NY
8. ロマンチスト
9. ベリナイス
10. ぶるぶるぶるー
11. なんとなく Be happy
12. チーズバーガーズ・ダイアリー
13. たいにーたいにー
14. No9. Punk Lover
15. Lesson 1
16. ブルーでイージー、そんでつよいよ
17. dreamer
18. 枯れた花
19. I scream (EN)


ディスク枚数: 2
フォーマット: CD+DVD, Limited Edition
レーベル: インペリアルレコード

インストアイベント

20th BEST ALBUM『ミラクル』発売記念イベントの開催が決定!

20th BEST ALBUM『ミラクル』発売記念イベント
~あらためまして、ブージー クラクションと申します。~

◆ 2017年1月18日(水)21:00~
タワーレコード渋谷店 4F イベントスペース

◆ 2017年1月21日(土)13:00~
タワーレコード梅田NU茶屋町店 6Fイベントスペース

◆ 2017年1月21日(土)19:00~
タワーレコード名古屋パルコ店 店内イベントスペース

20th BEST ALBUM『ミラクル』発売記念イベント
~札幌で生まれて20年。あらためまして、ブージー クラクションと申します。~
◆ 2017年2月24日(金)18:30~
タワーレコード札幌ピヴォ店 店内イベントスペース

※ 出演:メンバー4名/内容:ミニライブ+サイン会
※ 参加方法等、詳細はLIVEをチェック!

BUGY CRAXONE "ミラクルなツアー"

03月09日(木)仙台 FLYING SON
BUGY CRAXONE "ミラクルなツアー"

03月30日(木)札幌 COLONY
BUGY CRAXONE "ミラクルなツアー"

04月14日(金)名古屋 今池 HUCK FINN
BUGY CRAXONE "ミラクルなツアー"

04月15日(土)大阪 FANDANGO
BUGY CRAXONE "ミラクルなツアー"

04月22日(土)新宿red cloth
BUGY CRAXONE "ミラクルなツアー"

BUGY CRAXONE 最新情報

リリース情報

BUGY CRAXONE「ぼくたち わたしたち」


2017年9月20日(水)発売
CD+DVD/TECI-1564/¥3,241+税
<CD収録内容>
01. ぼくたち わたしたち 02. 花冷え 03. さーてぃーないん ぶるーす 04. Balance
05. ばっくれソング 06. シャララ 07. ベッドの上でさ 08.ルンルンでいこう
09. フレッシュ 10. SAY SAY DO DO (全10曲)

<DVD収録内容>
2017 年7 月28 日( 金) 下北沢SHELTER にて開催された「COUNTERBLOW 029」のライブの模様を収録。
『BUGY CRAXONE presents “COUNTERBLOW 029”2017.07.28 at Shimokitazawa SHELTER』
01. たいにーたいにー 02. ロマンチスト 03. なんとなく Be happy 04. Come on
05. FAST 06. 悲しみの果て 07. ぶるぶるぶるー 08. Lesson 1 09. ベリナイス
10. dreamer 11. ブルーでイージー、そんでつよいよ 
en1. ぼくたち わたしたち en2. I scream

ライブ情報

『BUGY CRAXONE 20周年記念ワンマン "100パーセント ナイス!"』
2017年11月19日(日)渋谷CLUB QUATTRO
OPEN 16:30 / START 17:00
ACT:BUGY CRAXONE(ワンマン)
チケット料金:前売 立見¥2,900(Drink別) / 当日 立見¥3,400(Drink別)

■リリース記念イベント インストアライブ
9月21日(木)東京・渋谷 タワーレコード渋谷店 19:00~
10月4日(水)北海道・札幌 タワーレコード札幌ピヴォ店 19:00~

でんぱ組.inc 幕神アリーナツアー2…

世界で活躍すると言い放つSlimcat…