1. Over The Topがオトナに作られたバンドだと思うのはもう古い。急成長していく彼らを見逃すな!【インタビュー】

Over The Topがオトナに作られたバンドだと思うのはもう古い。急成長していく彼らを見逃すな!【インタビュー】

東京と大阪で行われた初のワンマンライブで感じたたくさんの反省点をメンバー同士の絆でパワーに変えて各地のライブハウスで対バンに勤しむOver The Top(以下、OTT)。ヴォーカル岸野が元NMB48のメンバーである事から、作られたバンドというようなイメージを持つ人も少ないかもしれない。しかし、そのように批判的な目で見ていた人も彼らを知れば知るほど好きになり、いつの間にか曲から勇気をもらっているに違いない。素直な彼らの言葉が詰め込まれたインタビューをどうぞご覧ください!

2017年9月5日

Interview&Photo

愛香


この記事の目次
  1. ・反省の多い初ワンマンもOTTらしく受け止める!
  2. ・大満足のセカンドシングル『ビバ無我夢中』
  3. ・岸野の鋭い音感と永見の意外な特技発見!
  4. ・全A面と言えるほどのカップリングたちも見逃せない!
  5. ・最後に…
  6. ・Over The Top 最新情報
  7. ・リリース情報
  8. ・Over The Top Profile

反省の多い初ワンマンもOTTらしく受け止める!


──色々なコンテンツの用意された初ワンマンでしたね。DJタイムの田中さん、センスが輝いてましたね〜!

永見・坂本・岸野:よかったじゃ〜ん!!



田中:ありがとうございます!


──永見さん坂本さん田中さんにとっては今までいなかったタイプのお客さんを前でOTTとしての自分たちを表現する場になったかと思うんですが、どういった意気込みでワンマンライブに臨まれましたか?

坂本:(岸野のNMB時代のファンが多くても)関係なくやってやろう!と思ってそうやっていたんですけど、里香ちゃんが1人で歌うコーナー。あそこでの盛り上がりが(笑)!やっぱそういうことかぁっていうのは思いました。けど、この熱とか盛り上がりをバンドで取り込んでいかなあかんのやなっていうのが次のワンマンライブへの課題としてはっきりしたところですね。


──確かに、今まで体感したことのないタイプのレスポンスが来たという感覚なんでしょうね。

坂本:こんなに盛り上がれるし、一体感が作れるのか!って感動したし、バンドとしてそこまでキャッチボールができた感じがしなかったので、あれを超えていきたいですね。


──坂本さん、すいません、前髪どうされたんですか!?

坂本:これは藤田嗣治さんを意識してます!

田中:画家の!?

坂本:そう!

岸野:いいと思います。

坂本:この髪をやってくれたスタイリストの方と、ライブで帽子がどうせ飛ぶんやったら飛んだ後にも何かある方がええんじゃないかって事を話しててこうなりました!

永見:キャラ立ちしてる。

坂本:ビジュアル的に惹く担当を、僕がしたいなって思ってます(笑)。


──すいません話を逸らしてしまいました(笑)。永見さんはワンマンライブ

永見:ワンマンライブに向けての準備期間が短ったし、曲作りに追われながらゲネプロを迎えて、ゲネプロでも反省がいっぱいあって。不安を多少抱えながら本番を迎えたんですけど、楽しむことが1番っていう気持ちで臨みました。でも、始まってみたら声出すセクションで声を出したりレスポンスを返してくれる方がいっぱいいたので“これは楽しいことになりそうだな”って先が楽しみになるワンマンライブになりました。


──MCがとても楽しかったです。きっと、全くOTTを知らない人が聞いていても楽しいんじゃないかと思いました。

坂本:里香ちゃんのMCはめちゃやりやすいというか、テンポがいいですよね。和也くん(永見)とかは話しづらいよなぁ。

全員:(笑)

永見:(岸野は)ライブのMCでも本当に頼りになる。

坂本:男同士でも話しようよ!

永見:それいるかな!?(笑)

坂本:絶対みんな喋った方がいいって!

永見:次のワンマンライブの目標がまた1つ出来ました。

岸野:普段喋ってる時とMCではやっぱり違うと思うので、ステージの上で和也さんがどういう反応してくるのかなって(笑)。


──そうですよね、岸野さんから見た初ワンマンはいかがでしたか?

岸野:知っている人たちがたくさんいらっしゃって、暖かく見てくださっていたっていうのは成功につながる大きい要素だと思ってます。その人たちがいたからこそこうやって成功できました!っていうことは言えると思うんですけど、バンドとしてはさっき和也さんも言っていた通りすごいバタバタで、私もライブがどんな感じになるのかってわからなかったので、どうなってもいいやっていう気持ちでやりました。


──なるほど。

岸野:本番前に「知らんで?どうなってもいいよな?!」ってメンバーに言ってからステージに出て行ったんです(笑)。勢いに乗ってはじめから飛ばしすぎたんで最後の方バテたかなっていうのが反省点としてあるんですけど(笑)、初のワンマンとしてはパワーもあったし、これで良かったんじゃないかなっていうライブができました。
次のワンマンに向けては、もっとバンドの一体感を出していけたらいいなっていうことも思いましたね。


──反省点があったということはみなさんおっしゃっていましたが、みなさん自身がOTTというバンドを模索している様子が良い意味でも悪い意味でも見て取れた気がしました。初ワンマンを通して、自分たちが1番気持ちのいいところとか、しっくりくるスタイルっていうのは見えてきましたか?

永見:それは大いにありましたね。シングル1枚しか出してないのにあれだけ声が返ってくるのはいいことだし強みなので、もっとお客さんに参加してもらいたいっていう欲も増えましたし、それを今後の曲で反映させていけたらっていうことも思いました。


──田中さんはライブの感触としてはいかがでしたか?

田中:みんなも言ってくれた通り今までやってきたお客さんとは違いますし、どんなライブになるのかって本当に想像がつかなかったんですけど、直前に吹っ切れたっていうのは僕もありましたね。自分たちが今やれることをやろうってステージに出たらお客さんが暖かくて。広い気持ちで迎え入れてくれた感じがあったんで、それに助けられた部分が大きかったです。その空間を大きくしていきたいなっていう想いがより強くなったワンマンライブでしたね。


──反省点はありつつも、OTTらしく前を向いていらっしゃるんですね!

坂本:前向きです!

岸野:だいぶ前向きです!終わった時達成感しかなかったです、3キロくらい痩せた気もしたし。


──次のライブのビューっていうものは岸野さん的には見えてきていますか?

岸野:次のワンマンではもっとひとつになれる気がします!お客さんとも私たちも。

永見:初ワンマンの後もライブはやってきたんですけど、ワンマンの成果が出ている感触はありますね。

坂本:だいぶ変わった。あとは和也くんがどうMCで出てくるかって(笑)。


──初ワンマン後のライブでのMCは順調ですか?

岸野:そういえば、一回夏樹さんにMCの事で怒ったことあります!愛媛でのライブMCで、前日に夏樹さんと体験した怪談話を話して、最後に夏樹さんに振りますっていう打ち合わせをしてたのに、本番で私が話してる途中で話に入ってきてオチを全部言ったんですよ!それにめっちゃ怒って捌けた後「ナッキーさんあれはほんまにナイ。」ってガチギレしました(笑)。


──やば!

岸野:そこから最後まで不機嫌でした(笑)。でも終わった後すっごい謝ってきましたね、「里香ちゃん、聞いて?」って(笑)。

坂本:そういうの言わなくていい〜!

永見:俺それ知らんかった(笑)。

田中:恥ずかし〜〜(笑)!だからか!僕が最後に楽屋に戻ったら、楽屋に向かう階段の踊り場のところで(坂本が)体育座りして落ち込んでた(笑)。

岸野:そうなん!?(笑)

田中:雰囲気やばすぎて無視しましたもん!

岸野:家に帰ってからもLINEで長文で謝りのメールが来ました。

永見:やっば!(笑)

岸野:そんだけ謝られたらね、許しますよ。

坂本:よかった(嬉)。怖かった(笑)。

次ページ : 永見の意外な特技

初音ミクが迷い込んだ『砂の惑星』ってど…

推しメンからメールが届く「ココだけメー…