特集一覧

関ジャニ∞『イッツ マイ ソウル』は自分に自信のない女子を肯定する。

『イッツ マイ ソウル』は関ジャニ∞の7枚目のシングル曲。レコードレーベルが演歌部門からポップス部門に移行してからは2作目であり、この時期から一旦大阪色を脱している。

星が紡いだNEWSの軌跡。加藤シゲアキが星にかけた想い

星というと、あなたは何を思い浮かべるだろうか。歌や物語の中で星というのは様々なものの象徴として扱われ、それに何を喩えてみるかは人それぞれだ。紆余曲折を辿ってきたNEWSの歴史もまた、その楽曲の中で幾度も星に喩えられてきた。 星というフレーズが歌詞に登場するのは極めてありきたりな例だと思うかもしれないが、そのいかにもアイドルらしい象徴を使って、どんなふうに彼らの物語が星によって紡がれてきたのか。静かに彼らが勢いづき始めている今、紹介しておきたい。

みんなに『Thank youじゃん!』鈴木おさむがキスマイに託した言葉とは?

2014年末にKis-My-Ft2が12枚目のシングルとしてリリースした『Thank youじゃん!』。実は現在彼らの中で唯一、デビュー曲「Everybody Go」の初動売上記録を超えたシングルとなっている。 作詞は彼らの冠番組の構成も務める放送作家、鈴木おさむ。キスマイ直属の先輩であるSMAPの楽曲でも何度か詞を提供している。しかしそれ以外のジャニーズにおいて、しかもシングルの作詞というのはこれが初めてのことだった。