椎名林檎の人気代表曲16選! デビュー曲やヒットソングなどおすすめを一覧で紹介

椎名林檎曲

唯一無二の世界観で、新たな音楽の可能性を切り開いてきた椎名林檎

バンド・東京事変での活動や、他アーティストとのコラボレーションなど、常に注目を集め続けるトップアーティストです。

UtaTen編集部
この記事では、椎名林檎のデビュー曲や人気曲などをたっぷり紹介します。

椎名林檎のメジャーデビュー曲「幸福論」

椎名林檎のメジャーデビュー曲は、1998年5月27日に発売された「幸福論」。

ストレートな歌詞とアップテンポなメロディで、リリースされて時間が経っても色褪せない名曲です。

もともとはカップリング曲「すべりだい」をデビュー曲にする予定だったそうですが、「デビューから『すべる』のはどうなの?」ということで変更されたというエピソードも。

「幸福論」をはじめ、「歌舞伎町の女王」「ここでキスして。」などの楽曲が収録された1stアルバム「無罪モラトリアム」は、170万枚を超えるミリオンセラーを達成しました。

歌 息継ぎ歌の息継ぎは鼻と口どっちでするのが良いの?ブレスが上手くなるタイミングやコツを紹介!

 

椎名林檎の人気曲ランキングTOP5

椎名林檎はデビューから現在に至るまで、数え切れないほどの独創的な楽曲を生み出してきました。

「何から聴くべき?」「絶対に抑えておきたい人気曲が知りたい!」という人は、ファンがおすすめする人気曲をチェックしてみてはいかがでしょうか?

まずは、椎名林檎ファンが選んだ人気曲ランキングTOP5を紹介します。

カラオケ 定番カラオケ定番曲26選!定番ソングを男女別ランキングで紹介

【5位】罪と罰

「罪と罰」は、2000年1月26日にリリースされた椎名林檎の6枚目となるシングル曲です。

「頬を刺す 朝の山手通り」と巻き舌で叫ぶような楽曲のはじまりが斬新で、当時の音楽界に大きなインパクトを与えました。

椎名林檎の熱望で、ギターにはBLANKY JET CITYの浅井健一が参加

「罪と罰」を収録した2ndアルバム「勝訴ストリップ」は、売上が250万枚を超えるダブルミリオンを達成しました。

【4位】長く短い祭

2015年8月5日にリリースされた「長く短い祭」は、「神様、仏様」との両A面シングル

ジャズやブラジル音楽の要素を取り入れた、夏の夜に聴きたくなるようなダンスナンバーです。

東京事変のギタリスト・浮雲と椎名林檎のデュエット曲で、2015年にコカ・コーラのサマーキャンペーンCMのタイアップにも起用されました。

児玉裕一監督が手掛ける、衝撃的な結末のMVも必見です。

【3位】丸ノ内サディスティック

「丸の内サディスティック」は、シングル「歌舞伎町の女王」のカップリング収録曲です。

ストーリー性のあるリリックが印象的で、「御茶ノ水」「銀座」「後楽園」など、東京メトロ丸の内線にある駅名が出てきます。

毎回、椎名林檎のライブアレンジを楽しみにしているファンも多数。

東京事変の各ライブの様子が詰め込まれた「幕ノ内サディスティック」も、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

【2位】歌舞伎町の女王

「歌舞伎町の女王」は、1998年9月9日にリリースされた椎名林檎の2作目のシングル曲。

楽曲を発表する際に、当時流行していた「渋谷系」を文字って「新宿系自作自演屋」と自称したことでも注目を集めました。

レトロな雰囲気のCDのジャケット写真は、新宿ゴールデン街で撮影されたもの。

歌を聴いただけでJR新宿駅の東口を出た風景が目に浮かぶような、椎名林檎を代表する名曲の1つです。

【1位】本能

1999年10月27日にリリースされた「本能」は、4枚目のシングルです。

中毒性のあるメロディと、官能的な表現が散りばめられたリリックでミリオンセラーを達成し、椎名林檎にとって最大のヒットナンバーになりました。

ナース服を着て、拳でガラスを割るインパクト抜群のMVは超有名

「椎名林檎と言えばこの曲!」と答える人も多い、人気の定番曲です。

椎名林檎の有名ヒット曲5選

椎名林檎が歌う楽曲は、CMソングやテレビ番組のタイアップなどに起用されているものも多いです。

もしかすると「タイトルは知らなかったけれど、聴いたことがある!」ということも、あるかもしれません。

ここでは椎名林檎の楽曲の中でも、特に有名なヒットナンバーを5曲ピックアップして紹介します。

ハスキーボイス 歌手ハスキーボイスな歌手28選!魅力的な歌声のボーカルを邦楽から洋楽まで男女別に一挙紹介

ギブス

「ギブス」は、2000年1月26日に「罪と罰」と同時リリースされた5枚目のシングル作品。

椎名林檎にとって初めてのバラードナンバーで、歌詞にはデビュー前に付き合っていた恋人との思い出や、真っ直ぐな恋心が綴られたラブソングになっています。

デビュー当時からライブやイベントなどで披露されていた楽曲で、ファンからは発売前から支持されていた人気曲です。

獣ゆく細道

「獣ゆく細道」は、2018年10月2日に配信限定シングルとして発表された楽曲です。

日本テレビ系「news zero」の新テーマ曲として書き下ろされたもので、作詞作曲を椎名林檎が手掛けています。

エレファントカシマシのボーカル・宮本浩次との豪華コラボということでも話題になりました。

「動」の宮本浩次「静」の椎名林檎が魅せる、粋なパフォーマンスは圧巻です。

ここでキスして。

1999年1月20日に、3枚目のシングルとしてリリースされた「ここでキスして。」。

「違う制服の女子高生を 目で追っているの 知っているのよ」と、女の子の気持ちを歌った可愛い曲です。

椎名林檎は「ここでキスして。」で、ミュージックステーションへの初出演を果たしました

日本テレビ系バラエティ番組「ダウンタウンDX」のエンディングテーマにも起用された、有名ヒット曲です。

NIPPON

「NIPPON」は、2014年6月11日にリリースされた楽曲です。

高揚感のあるパワフルなナンバーは、NHK「2014年度FIFAワールドカップブラジル大会」のテーマソングとして書き下ろされたもの。

この作品について、子どもの頃に静岡県の清水に住んでいたことがある椎名林檎は「日本のブラジル・清水で過ごしていたグルーヴが、ここへきて初めて活かされたのでしょうか」と語っています。

気分を上げたいときに聴きたい、心が震えるような有名曲です。

人生は夢だらけ

2017年12月6日に発売された、セルフカバー・アルバム「逆輸入 ~航空局~」のオープニング曲になった「人生は夢だらけ」。

2016年に、かんぽ生命「人生は、夢だらけ。」CMソングとして書き下ろされた楽曲で、CMでは高畑充希が歌唱していました。

楽曲提供したものに新しく歌詞とメロディが追加され、ミュージカルのように華やかなナンバーになっています。

椎名林檎のおすすめ曲5選

定番曲をチェックしたあとに「ファンだからこそ知っている名曲を聴いてみたい」「隠れたおすすめ曲が知りたい」と思った人も多いのではないでしょうか?

隠れた名曲や豪華アーティストとのコラボナンバーを抑えれば、椎名林檎の世界観や魅力がさらに深く感じられること間違いなしですよ。

最後に、椎名林檎のおすすめナンバーを5曲チェックしてみましょう。

 

目抜き通り

2017年4月20日に配信シングルとしてリリースされた「目抜き通り」は、ウルフルズのボーカル・トータス松本と椎名林檎がコラボした楽曲

銀座にオープンした「GINZA SIX」のテーマ曲として書き下ろされたナンバーです。

はじめはCM用の短尺でしたが、あまりにもクオリティが高いことから、後にフル尺の制作が決定したとのこと。

華やかなボーカル2人が歌う、昭和ムード漂うオシャレなおすすめ曲です。

りんごのうた

「りんごのうた」は、2003年11月25日にリリースされた9枚目のシングル曲です。

「子どもにも聴いてほしい」という願いからラテン風のアレンジが加えられており、NHKの音楽番組「みんなのうた」でも放送されました。

これまでにリリースした楽曲MVの衣装を着て撮影されたMVも、椎名林檎ファンなら絶対に観ておきたい作品です。

ちなみに、この楽曲は東京事変として音楽活動をする前の、最後の椎名林檎ソロ名義のナンバーになりました。

正しい街

「正しい街」は、1stアルバム「無罪モラトリアム」に収録されているナンバー。

編曲を手掛けたのは、東京事変のベーシストでもある亀田誠治です。

10代の頃に書き下ろされた楽曲で、歌詞には椎名林檎が福岡から上京する前に別れを告げた元恋人とのエピソードが描かれています。

シングルカットはされていませんが、リアルな感情が伝わってくるような隠れた名曲です。

二時間だけのバカンス

2016年9月28日にリリースされた「二時間だけのバカンス」は、同事務所からの同期デビューである、宇多田ヒカルと椎名林檎の超贅沢なコラボナンバーです。

作詞作曲プロデュース、さらにプログラミングまで宇多田ヒカルが手掛けた作品で、椎名林檎の歌声や魅力が余すところなく生かされています。

大人の色気がにじみ出る、声質の違う2人のハーモニーが心地よいおすすめ曲です。

ありあまる富

2009年5月27日に発売された「ありあまる富」は、椎名林檎の10枚目のシングル曲。

松本潤主演のTBS系ドラマ「スマイル」の主題歌として書き下ろされたもので、ギターのアンサンブルが耳に残る名曲です。

世界的不況の中でリリースされ、歌詞には「価値は 命に従って付いてる」「君には富が溢れている」と社会に投げかけるようなメッセージが綴られています。

富や価値について考えさせられる、とても深い作品です。

音楽界のトップを走り続ける椎名林檎!独特の色気と世界観の魅力は語り尽くせない

椎名林檎は1998年に「幸福論」でデビューして以来、誰にもマネできない独特の色気と世界観で多くのファンを魅了してきました。

過去にリリースされた人気曲たちは、令和の時代に聴いても全く古さを感じさせません。

椎名林檎の才能は海外からも高く評価されており、東京オリンピックの「4式典総合プランニングチーム」に選出されるなど、日本を代表するトップアーティストの1人として活躍し続けています。

これからも圧倒的な歌唱力とパフォーマンスで、私たちに新しい音楽の境地を見せてくれることでしょう。

 

この記事のまとめ!

  • 椎名林檎は唯一無二の世界観でファンを魅了し続ける、日本のトップアーティスト
  • ソロとしてはもちろん、人気バンド・東京事変のボーカルとしても有名
  • メジャーデビュー曲は、1998年にリリースされた「幸福論」
  • 豪華アーティストとコラボしたヒットナンバーも多数
  • 古さを全く感じさせない名曲を聴いて、椎名林檎の魅力に酔いしれよう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です