1. フェスでもお馴染み高速タオル回しは、あなたの鬱憤をも真逆にするパワーがある!BLUE ENCOUNT『LIVER』

フェスでもお馴染み高速タオル回しは、あなたの鬱憤をも真逆にするパワーがある!BLUE ENCOUNT『LIVER』

BLUE ENCOUNTはVo&Gt田邊駿一、Gt江口雄也、Ba辻村勇太、Dr高村佳秀の4人からなるロックバンド。とにかくライブがアツい!泣ける!と評判を呼び、過去開催したツアーはどこの会場も即SOLD OUT!!全国のライブキッズを虜にするTHE エモーショナルバンドだ。通称ブルエン。

2016年7月16日




BLUE ENCOUNTはVo&Gt田邊駿一、Gt江口雄也、Ba辻村勇太、Dr高村佳秀の4人からなるロックバンド。とにかくライブがアツい!泣ける!と評判を呼び、過去開催したツアーはどこの会場も即SOLD OUT!!全国のライブキッズを虜にするTHE エモーショナルバンドだ。通称ブルエン。

そんな彼らは近年各地のフェスに引っ張りダコだ。ワンマンライブに限らず、フェスでも必ずと言っていいほどセトリに組み込まれる『LIVER』はライブキッズなら一度は聞いたことがあるであろう、ブルエンお馴染みの曲になっている。


――――
上から物言うヤツらの上を クラウドサーフィンで抜け出し
満員電車のフロアで モッシュしまくるつまらん毎日
――――

曲のど頭から、ライブキッズなら聞いただけで身体がウズウズしてくるようなクラウドサーフィンやモッシュという単語。楽しいライブを想像させる一方で、ストレスの溜まる毎日のことを唄っている。何様のつもりなんだ!と言いたくなるような上から意見を押し付けてくる学校の先生や会社の上司、出来ることなら避けて通りたい憂鬱な朝の満員電車…毎日なんのために生きているんだろう…と。

これを自分のことのように感じる人も多いはず。いま生きるための避けられない時間とは言え辛い。タイトルの『LIVER』は音楽のLIVE(ライブ)と、生きる=LIVE(リブ)の二つの意味を持っている。そう、まだ現実を引きずりながら楽曲は続いていく。

――――
LIVE!! LIVE!! ハデにやっちゃって! GO!! GO!! 遠慮すんなって!
間違っちゃっても 迷っちゃっても 君が君であるように
LIVE!! LIVE!! 地味な少年もGO!! GO!! ケバいネェちゃんも
ちっちゃい偏見 一切消してよ 今日はグチャグチャになって踊ろう!
――――

サビに入ると踊り出さずにはいられない!田邊もMC中に「ここ(ライブ)にいる時は、お前を否定するやつはいない、思いっきり楽しめばいい!」と言うように、ライブ中は日々の憂鬱な生活を忘れて躍り狂え!とMCそのものが歌詞に反映されている。自分の意思は遠慮することなく自分をさらけ出せばいい!と、ここでも歌詞に背中を押される。

――――
TURN ME ON Everybody get on the floor
TURN ME ON We need to share the pain
TURN ME ON Just one look and I know
TURN ME ON You get lonely
Struggle to keep up the pace Not the style you would be do
TURN ME ON Everybody get on the floor
TURN ME ON We need to share the pain
――――

まるで違う曲が始まったかのように一気にスピードが上がる、この曲で唯一英詞の部分。ライブではオーディエンスがこれでもか!という程タオルを回す。しかも超高速!!!会場一体が巨大な竜巻に飲み込まれる瞬間!タオルを振り回すのに必死でこの部分の歌詞に気がつかなかったが、さすがブルエン!ここでもファンを救おうという気持ちが込められてました。

ワクワクさせてよ!みんなで踊ろう!みんなで痛みを分かち合おう!一目見たときからわかってた。きみは孤独だったんだ。周りに流されず、自分のペースで突き進め!

もし、あなたが日常生活の中で誰からも認められないと思うことがあるのなら、一度BLUE ENCOUNTのライブに行ってみてはどうか?「会場の前にいようが、後ろにいようが、どこにいたって俺はおまえに音楽を届けてやる。それは絶対約束する。だからなんかあったらここ(ライブ)に戻ってこいよ!俺らが支えてやる!」彼らはライブ中、絶対に「おまえら」とか「あなたたち」とは呼ばない。全部「おまえ」「あなた」と一人一人に向き合って話をする。まるであなたの隣で歌ってくれているかのように励ましてくれる。

彼らの音楽は聴いてるこちらが気恥ずかしくなりむず痒くなるような、暑苦しく人間臭いストレートな言葉で伝てくれる。だからこそ彼らはどの世代のファンからも愛されているのだ。

TEXT:あきこ

「嫌い」の分だけ本当は「好き」⁉ マイ…

改めて聴くとやばい!JUJUの「やさし…