JUJU「この夜を止めてよ」に込められた2つの意味




JUJUの「この夜を止めてよ」は、その歌詞やメロディから、女性の情念が痛いほど伝わってくる曲。歌詞はEXILEの「Ti Amo」を作詞した松尾潔、曲はMISIAの「Everything」を作曲した松本敏明と、いずれも実力のある大物が手掛けている。菅野美穂主演のドラマ『ギルティ 悪魔と契約した女』の主題歌として作られたこの曲。冤罪の罪を晴らすために復讐の鬼となった主人公が、刑事と恋に落ちるというストーリーと重なる歌詞になっている。

この人のことを、好きになってはいけない。頭ではそう分かっていても、それでも惹かれてしまうことがある。幸せな未来を望めない恋愛、その渦中の女性の願いが、タイトルにもなっている「この夜を止めて」というセリフには込められている。


・・・・・・・・・
「愛してる」っていうあなたの言葉は 「さよなら」よりも哀しい
これ以上 何も言わなくていい だから この夜を止めてよ

・・・・・・・・・

先のない恋愛のなかで、「愛してる」という言葉は「さよなら」よりも哀しく響く。くるしい。もうやめてほしい。いますぐこの夜を止めて。そう思ってしまうほど、この歌の女性の憂いは、我慢の限界にきているのだ。女性の悲痛な叫びが「この夜を止めて」という言葉のひとつめの意味。

・・・・・・・・・
同じ色の夢みていたいのに ちがう道に離れてく
出会いのときを選べないのなら せめて この夜を止めてよ

・・・・・・・・・

ずっとあなたと一緒にいたいのに、という思いを「同じ色の夢みていたいのに」という印象的なフレーズで表現している。夢、という単語の持つ、いつかは醒めてしまうというイメージが、儚い恋愛の顛末をよく表している。出会うのがもう少し早かったら…。そう思っても、出会いのときは選べるものではない。ならば、せめてこの夜でふたりの時が止まってほしい。女性の切なくも儚い望みが、「この夜を止めて」のもうひとつの意味。

・・・・・・・・・
あまい過去の記憶なんて わたしは惜しくない
かたちのある未来なんか しがみつきたくはない

・・・・・・・・・

過去は惜しくない。未来にも、しがみつきたくない。この歌詞の部分がよりいっそう、「この夜で止まってほしい」という「今」を限定する結果になっている。わかれたくない、もっとずっと一緒にいたい…。JUJUの切ない歌声から、女性の哀しい叫びがきこえてくるようだ。曲全体から、相手のことを愛している気持ちが、痛いほどに伝わってくる。

この曲のミュージックビデオは、かなり印象的だ。恋人に電話で別れを告げられた女性が地下通路に降りると、そこにはふたりの思い出の写真がどこまでも壁に貼られている。ひとつひとつを歩きながら眺める女性。しあわせだったふたりが閉じ込められた画面を、ひたすらに見つめる。最後、女性は耐えられなくなり、走り出してしまう。


恋人との別れは、深い悲しみをともなう。その悲しみの淵でもがく女性の情念を、丹念に描き出した名曲である。


TEXT:緑の瞳( http://www.hitomimidori.com/

KAT-TUN、新しい明日へ続く別れ「…

少女時代のカメラを意識したパフォーマン…