ミュージカルの人気曲18選!ディズニーやレ・ミゼラブルなどの名曲を紹介

ミュージカル 曲

舞台や映画を彩るミュージカルの楽曲は、聴いているとワクワクしたり感動したりと色んな気持ちにさせてくれます。

テレビCMや動画のBGMに使用されている人気曲は、ミュージカルを観たことない人でも一度は耳にしたことがあるはずです。

UtaTen編集部
そこでこの記事では、ミュージカル映画や舞台で使用された楽曲の中でも、おすすめ人気曲や名曲を厳選して紹介します。

ミュージカル映画・舞台の人気曲10選

ミュージカルといっても日本映画やハリウッド、インド映画など様々なジャンルがあります。

そのため、ミュージカル曲に興味があっても、何を聴いたら良いか迷ってしまうでしょう。

好きなジャンルや作品がまだ分からないという人は、人気曲から聴いてみるのがおすすめです。

こちらでは、ミュージカル映画や舞台で使用された楽曲の中でもおすすめの人気曲たちをピックアップしました。

アカペラ曲はこう選べ!選曲のポイント&アカペラ初心者におすすめな曲15選

One Day More / レ・ミゼラブル

世界中で愛される作品である「レ・ミゼラブル」の劇中歌である「One Day More」は、壮大で感動的な楽曲として人気です。

オールキャストで入れ替わりながら歌うこの曲は、作品の中に引き込まれていくような魅力があります。

フランス革命という少し難しいテーマにした作品ではありますが、歌詞や歌声に登場人物たちの思いが伝わってくるようです

 

Another Day Of Sun / ラ・ラ・ランド


「Another Day Of Sun」は、数々の賞を受賞したミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」の主題歌に使用された楽曲です。

女優を目指すミアとジャズピアニストであるセバスチャンのラブストーリーを描いており、作中にはダンスや歌などが盛り込まれています

ワクワクするサウンドの中にもジャズっぽさが垣間見えており、作品と共に楽しめる一曲です。

Memory / キャッツ

「Memory」は、ミュージカル舞台の代表とも言える「キャッツ」に使用された楽曲です。

若かりし頃の美しい思い出に浸りながらも、前を向いて進んでいこうとする姿が歌詞に込められています。

劇中で歌うグリザベラの切なくも美しい歌声に、心を奪われた人も多いのではないでしょうか

力強いサウンドが前へ向かう気持ちを後押ししてくれるような楽曲です。

 

This Is Me / グレイテスト・ショーマン

「This Is Me」は、伝説の興行師P.T.バーナムの人生を描いたミュージカル映画「グレイテスト・ショーマン」の主題歌です。

豪華俳優陣が魅せる圧倒的な歌唱と力強いダンスが魅力の作品で、ミュージカル初心者の人でも楽しめますよ。

聴いていると勇気をもらえるようなパワフルなサウンドが素晴らしく、第75回ゴールデングローブ賞主題歌賞を受賞しています。

 

Music of the night / オペラ座の怪人

ミュージカルや映画など数多く作品化されている「オペラ座の怪人」。

作中では様々な楽曲が使用されており、その中でも代表曲とされているのが「Music of the night」です。

主人公であるファントムの切なさや苦しみ愛情を表現した楽曲で、幻想的な雰囲気が魅力

まるで幻術にかかっているような魅惑的な歌声に、繰り返し聞きたくなりますよ。

 

Dancing Queen / マンマ・ミーア!


「Dancing Queen」はハッピーな気持ちになれるミュージカル「マンマ・ミーア!」で使用された、ABBAのヒット曲です。

落ち込むドナを励ますために友人たちが歌って踊るシーンで使用されおり、観ていると元気がもらえます

テレビドラマの主題歌として起用されたこともあるので、マンマ・ミーア!を観たことないという人でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

Tomorrow / アニー

日本だけでなく世界中で愛されるミュージカル作品「アニー」の代表曲なのが、「Tomorrow」です。

両親から捨てられた子供アニーの成長をテーマにした作品で、この曲はアニーの真っ直ぐで前向きな性格が伝わってくるような穏やかで優しいメロディーが魅力

数多くの歌手にカバーされているほか、合唱曲としても人気があります。

 

We’re All in This Together / ハイスクール・ミュージカル

「We’re All in This Together」は高校を舞台にした青春あふれるミュージカル作品「ハイスクール・ミュージカル」で使用された楽曲です。

個性豊かな登場人物たちが、手拍子をしたりシャウトしたりと自由に歌って踊っている姿に自然と笑顔になってしまうでしょう。

「みんなスター」という邦題で親しまれており、爽やかで楽しいミュージカル曲を聴きたいという人におすすめの一曲です。

 

Do-Re-Mi / サウンド・オブ・ミュージック

「Do-Re-Mi」は不朽のミュージカル作品である「サウンド・オブ・ミュージック」で使用されています。

日本では童謡「ドレミのうた」として親しまれており、学校の教科書などにも掲載するなど知名度は高いでしょう。

音を教えるために歌うマリア先生と楽しそうに聴いている子どもたちの姿が微笑ましい、優しくも楽しい楽曲です。

 

Chim Chim Cher-ee / メリー・ポピンズ

「Chim Chim Cher-ee」はミュージカル映画「メリー・ポピンズ」の劇中歌で使用された一曲です。

呪文のように繰り返される「Chim Chim Cher-ee」が特徴的で、一度聴いたら耳から離れません

日本語詞で何度かカバーされていることもあり、作品は知らないけどこの歌は聴いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

ディズニーのミュージカル映画名曲8選

子どもから大人まで楽しめるディズニー映画には、ミュージカル要素を含んだ作品が多いことをご存知でしょうか。

ストーリーの中で歌ったり踊ったりとする個性的なキャクターたちに、魅力を感じる人も少なくありません。

こちらではディズニーのミュージカル映画の名曲をピックアップしたので、ぜひお気に入りの一曲を見つけてみてくださいね。

ディカペラディカペラはディズニー初の公式アカペラグループ!アメリカ全土から選ばれたメンバーとは?

Let It Go / アナと雪の女王

爆発的なヒットを記録した「アナと雪の女王」の中でも、特に人気の音楽である「Let It Go」

姉エルサが自身の力を隠さずに自分らしく生きることを決断するシーンで歌われた曲で、彼女の心情の変化を見事に表現しています

歌いはじめの静かな雰囲気からサビにかけて力強くなっていく壮大なメロディーが魅力です。

A Whole New World / アラジン

アラジンに使用されているミュージックはどれもおすすめですが、その中でも特に人気なのが「A Whole New World」です。

主人公アラジンとヒロインのジャスミンが魔法の絨毯でデートするシーンで歌われています。

心を中々開いてくれなかったジャスミンとの距離が縮まるのを表現しているような、幻想的で壮大なメロディーが魅力です。

Beauty and the Beast / 美女と野獣

美女と野獣の主題歌に起用されている「Beauty and the Beast」は、数あるDisney映画作品の中でも人気度の高い楽曲です。

野獣とヒロインのベル2人だけの舞踏会で踊るシーンで挿入されており、ムードのあるメロディーが作品を彩ります。

真実の愛とは何かに気づかせてくれる映画なので、子どもはもちろん大人にも愛される作品です。

ハクナマタタ / ライオン・キング

ライオン・キングの名曲と言えば「ハクナマタタ」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

主人公シンバとプンバァ、ティモンの3匹が楽しそうに歌うコミカルなリズムが魅力の名曲です。

ハクナマタタとはスワヒリ語で「心配ない」という意味で使用されており、心に傷を負ったシンバを励ますために歌っています

耳に残るフレーズと軽快なリズムで、前向きな気持ちになれるでしょう。

Part Of Your World / リトル・マーメイド

「Part Of Your World」は映画リトル・マーメイドの作中に登場する挿入歌です。

人間に憧れを抱く主人公アリエルの心情を表現した曲で、ゆったりとしたメロディーながら知らない世界へのときめきを見事に表現しています

好奇心旺盛で前向きなアリエルらしい、ロマンティックな可愛い曲で結婚式のBGMとしても人気がありますよ。

いつか王子様が / 白雪姫

ディズニー史上初めてのプリンセスである白雪姫の映画には、名曲が数多く存在しています。

その中でも白雪姫の気持ちや性格を表現しているのが「いつか王子様が」です。

辛い境遇に立たされながらも幸せな未来を信じて歌う白雪姫の美しい歌声に、心が洗われるようです。

世界中で様々なアーティストがカバーしている、人気のディズニーミュージカル映画の名曲と言えます。

自由への扉 / 塔の上のラプンツェル

「自由への扉」は、塔の上のラプンツェルの作中最初に登場する楽曲です。

主人公ラプンツェルの塔での暮らしを綴った歌詞をアップテンポなメロディーで楽しく歌っています。

外への憧れも歌詞に見え隠れしており、これからのストーリー展開が楽しみになりますよね。

全体的に爽やかなメロディーで、やる気を出したいときや元気がほしいときに聴いてほしい一曲です。

どこまでも ~How Far I’ll Go~ / モアナと伝説の海

「どこまでも ~How Far I’ll Go~ 」はモアナと伝説の海の主題歌に起用されている名曲です。

小さな島で暮らす主人公モアナが海への冒険に出ようとするシーンで使用されており、世界への憧れや希望が感じられます。

波際のようなゆったりとしたメロディーから始まり、サビでは海の広さを表現したような壮大なメロディーが特徴です。

ミュージカルは盛り上がる曲から感動する曲まで様々!ディズニーのミュージカルソングはカラオケでも歌いやすい

ミュージカルと一言にいってもワクワクするような曲から切なくなるような曲まで、様々なジャンルがあります。

作品の世界観や登場人物の心情を見事に表現した楽曲が多く、作品だけでなく曲にも注目して観ると何倍も楽しめますよ。

ディズニーのミュージカルソングは幅広い世代で楽しめる曲が揃っているので、カラオケでも歌いやすくおすすめです。

 

この記事のまとめ!

  • ワクワクするような曲から感動する曲など様々な楽曲が揃っている
  • ミュージカル映画や舞台で人気の曲は作品の世界観が見事に表現されている
  • ディズニーのミュージカル映画なら大人から子どもまで楽しめる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です