ライブ活動やバンド活動をするためのノウハウや悩みを解消する音楽情報サイトです

ライブUtaTen

楽器/機材

【打楽】ブリッジミュートのコツや練習方法は?ギターの練習曲も厳選して紹介! 2022年8月

2022年3月6日

ブリッジ ミュート

ロックやメタルの必須テクとして有名なブリッジミュート

色々と試してみたけど、好きなギタリストのようなサウンドが出せないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

慣れるまではなかなか上手く音が出せませんが、コツを意識して練習すればエレキギター初心者でも簡単に弾きこなせるようになりますよ

Live編集部
この記事では、ブリッジミュートのコツや練習方法、おすすめの練習曲を紹介します。

ブリッジミュートとは

ブリッジミュートとは、ピックを持つ手の手刀部分を弦に軽く触れさせて、打楽器的なサウンドを出すテクニックです。

本来ミュートは音を切るテクニックを指しますが、ブリッジミュートは振動を抑えつつ音を出すテクニック。

エレキギターの必須テクとして有名で、ロックやメタル以外にも、ポップスやR&Bなど色々なジャンルで使われていますよ。

歪みサウンドでは攻撃的な鋭い音、クリーントーンで使うと「ポコポコ」としたパーカッシブなサウンドになるのが特徴

ギターソロやリフだけでなく、単音の伴奏やアルペジオなどにも使える汎用性の高いテクニックです。

 

ブリッジミュートのコツ

ブリッジ ミュート

ブリッジミュートは、右手を弦に触れさせるだけのシンプルなテクニックですが、プロギタリストのような音を出すためにはいくつかコツがあります。

このコツを意識して練習するだけでも、サウンドやリズムが良くなって気持ちよく演奏できるようになるので、ぜひ普段の練習に取り入れてみましょう。

次は、ブリッジミュートのコツやおすすめのフォームを紹介します。

ライブUtaTenの関連記事!

ギター オーダーメイド
【特注】ギターやベースをオーダーメイドで作るメリット・デメリットは?注意点とおすすめのメーカーを厳選!

続きを見る

 

右手の位置を意識する

ブリッジミュートは右手の位置が重要なテクニック。

ギターの種類によってベストな位置は微妙に違っていますが、基本的に弦の支点・サドルよりもややネック側に置きます。

自然なフォームになるように、手のひらの側面、手首の関節よりも少し小指に近い部分を弦に当てるのが定番です

位置や当て方が悪いと音が詰まり気味になったり、音程が上がってしまったりとサウンドに悪影響が出るので、はじめは右手のフォームをしっかり見ながら練習しましょう。

アンプからの出音を聴きながら弾くと、フォームの崩れにも気づきやすいのでおすすめです。

 

優しい力加減を意識する

弦の振動を抑える右手はできるだけ優しい力加減にすることが、ブリッジミュートをキレイに鳴らすコツです。

イメージとしては、脱力した手をテーブルに置くだけ、軽く添えるくらい。

弱すぎてしまうと普通のピッキングに近いサウンド、強すぎるとサスティーンや音程が悪いサウンドになるので、実際に音を出しながら調節していくと良いでしょう

手の大きさや力の強さは人それぞれですが、音程に変化が無く、程よい伸びのパーカッシブな音を目指すとキレイな音色になります。

 

細かく手首を動かす

ブリッジミュートを快適に弾くコツは、細かく手首を動かすことです。

不慣れなうちは肘や肩を使いがちですが、手首を支点にしつつ、前腕の回転や指先の動きを組み合わせていくとキレイなフォームになります。

ポイントは、ピッキングに必要な力を残しつつ、指の関節や手首が自由に動くほどの力加減で演奏すること。

手首を固めてしまうと不自然なフォームになり、サウンドやリズムに悪影響が出てしまうので、適度に脱力した状態を意識しましょう。

 

斜めの角度で当てる

はじめてブリッジミュートを練習する人には、ピックを斜めの角度で当てるフォームがおすすめです

角度を付けると、ピックの先が弦をこするような動きになるので、少ない力で振り抜けるようになります。

親指を軽く床の方向に傾け、腕とピックの角度が同じになるようにするだけと、やり方はとってもシンプル。

ギターを低く構えているのであれば、弦とピックの角度が30度~45度ほどになるように調節すると良いでしょう。

ロック向きの鋭く力強いサウンドになるため好みが分かれるかもしれませんが、ブリッジミュートの練習でピックが引っかかってしまいがちな人はぜひ試してみてくださいね。

 

ブリッジミュートの練習方法

ブリッジミュートのコツを把握したら、次は実際に弾きながらフォームを覚えていきましょう。

もちろん、いきなり曲の練習をはじめても良いですが、基本的な弾き方を練習してから曲練習をはじめたほうが原曲に近いサウンドでコピーできますよ

コツの次はブリッジミュートの練習方法を紹介するので、開放弦が使えるAやEコード、ポジションが分かりやすいCコードなどを使って練習してみてくださいね。

ライブUtaTenの関連記事!

ギター 改造
【加工】ギターの改造ポイント7選!初心者におすすめ改造箇所とは?

続きを見る

 

ダウンピッキングで弾く

ブリッジミュートの練習は使用頻度が高く、手軽に音が出せるダウンピッキングから始めるのがおすすめです。

フォームは普通のダウンピッキングに近いですが、一定のスピードで刻むフレーズや速いフレーズを弾くことが多いので、ピックの振り幅は控えめにしましょう。

リズムがヨレやすい弾き方ですが、メトロノームを遅めのテンポ鳴らしながらジャストタイミングで弾く練習からはじめると、カッコよく演奏できるようになります。

このダウンピッキングをマスターするだけでも色々な曲が弾けるようになるので、フォームやリズムを意識しながら練習して、弾きこなせるようになってみてくださいね

 

アップピッキングで弾く

ダウンピッキングのブリッジミュートに慣れてきたら、次はアップピッキングの練習をするのが効果的です。

フォームが崩れやすく、力も入りやすい弾き方なので少し難易度が高いですが、弾けるようになると演奏の幅が広がって、リズムの安定感も向上します

ポイントは、普通のアップピッキングよりピックの振り幅をコンパクトにしつつも、ダウンピッキングと同じ音量を出すこと。

リズミカルなジャンルや、スピーディーな刻みが登場するジャンルでは良く使われるピッキングなので、色々な音楽を演奏したい人はぜひ慣れておきましょう。

 

高速で弾く

ダウンピッキングとアップピッキングをマスターしたら、両方を組み合わせた「オルタネイトピッキング」を使用する高速フレーズにも挑戦してみましょう。

このフレーズは、16分音符という定番のブリッジミュートフレーズの倍の速さの音符を使っているため、弾きこなすためにはアップ・ダウン両方の安定感が必要。

フォームは通常のオルタネイトピッキングと同じですが、細かな手の動きでピックの先端のみを当てるようにすると速く弾きやすくなりますよ。

まずは、フォームやリズムが確認しやすいBPM80ほどのテンポからはじめ、徐々に弾きたい曲のテンポに近づけると、安定して弾けるようになるのでおすすめです。

 

ストロークと組合わせて弾く

より実践的な練習がしたい人には、ブリッジミュートと通常のコードストロークを組み合わせて弾く練習がピッタリです。

ポップスやロック、メタルの定番奏法なので、マスターしておくとコピーもスムーズにできますよ。

やり方は、ブリッジミュートでルートを弾いた後に、3音コードやオープンコードを弾くだけとシンプル。

しかし、ピックを大きく振ってしまうとリズムがズレてしまうので、ストロークは普段より小さめにしましょう。

ストロークから始まるパターン、3音目や2音目にストロークを挟むフレーズなど色々な弾き方があるので、どのパターンにも対応できるように練習しておくと良いですよ。

 

パワーコードを混ぜて弾く

ブリッジミュートにパワーコードを混ぜて弾くフレーズは、ロック系音楽の定番フレーズ。

シンプルな刻みフレーズにメリハリを付けられるので、歌がメインの音楽やパンクロックを演奏するときに役立ちます

ストロークと組み合わせるときとやり方は同じですが、パワーコードのフォームのまま弾けるので初心者でも簡単です。

ルートのみにブリッジミュートをかけてピッキングする方法と、2音にミュートをかけてピッキングするやり方があるので、両方弾けるように練習しましょう。

 

ブリッジミュートの練習曲

ブリッジ ミュート

基本フレーズの練習に慣れてきたら、次はブリッジミュートを使ったフレーズが登場する曲を練習するのがおすすめです。

ハイスピードなメタル曲のような難しい曲もありますが、シンプルなフレーズのみで構成された練習課題にピッタリの曲もたくさんありますよ。

最後におすすめのブリッジミュート練習曲を紹介するので、気になる曲があったらぜひ挑戦してみてくださいね。

ライブUtaTenの関連記事!

ギターケース
【弦箱】ギターケースおすすめ17選!大切なギターの持ち運びにはケースが重要

続きを見る

 

The Beginning / ONE OK ROCK

ONE OK ROCKの「The Beginning」は、モダンな雰囲気のアップテンポなロックチューンです。

曲中にはブリッジミュートを使ったシンプルな刻みや、コードを交えたプレイが登場します。

ダウンピッキングを使ったブリッジミュートが中心の簡単なフレーズですが、リズムがヨレると雰囲気が変わってしまうので、できるだけジャストタイミングで弾きましょう。

オクターブ奏法やアルペジオなど、ロックギターの基本テクニックのみで演奏されている楽曲なので、ロック好きはぜひ挑戦してみてくださいね。

UtaTenで今すぐ歌詞を見る!

The Beginning 歌詞 ONE OK ROCK 映画「るろうに剣心」主題歌 ふりがな付 - うたてん
The Beginning 歌詞 ONE OK ROCK 映画「るろうに剣心」主題歌 ふりがな付 - うたてん

続きを見る

 

小さな恋の歌 / MONGOL800

パワーコード中心のシンプルなフレーズのみで構成された、ギター初心者におすすめの練習曲がMONGOL800の「小さな恋の歌」です。

冒頭の歌い出し部分では、パワーコードにブリッジミュートをかけたフレーズが登場。

各コードの1音目はそのまま弾き、残りの6音にブリッジミュートをかけたプレイで、全てダウンピッキングで演奏されています。

勢いを重視して弾くと雰囲気が出しやすくなりますが、テンポが速いのでリズムがブレすぎないように意識しつつ演奏するのがポイントです。

UtaTenで今すぐ歌詞を見る!

小さな恋のうた 歌詞 MONGOL800 ふりがな付 - うたてん
小さな恋のうた 歌詞 MONGOL800 ふりがな付 - うたてん

続きを見る

 

Breaking The Law / Judas Priest

「Breaking The Law」はメタルゴッドの愛称で親しまれるロブ・ハルフォードの歌と、タイトなリズムギターが楽しめる楽曲です。

メタル曲というと難しいイメージがありますが、この曲はギターソロも無く、イントロの単音リフ以外はシンプルなコードが中心なのでギター初心者でも簡単に演奏できます。

ブリッジミュートはサビの「Breaking The Law」と歌われている部分で登場。

ルートを刻んだあとにハイポジションの2音コードを弾くという、シンプルながらもカッコいいフレーズになっています

こちらも「The Beginning」と同様、ブリッジミュートやリフ、コードはジャストタイミングを意識して弾くと原曲の雰囲気に近くなるので試してみてくださいね。

 

ブリッジミュートはコツを掴めば弾きこなせる!練習曲を弾いてギターをもっと上達させよう

ブリッジミュートは右手のフォームや当て方などのコツを掴めば、簡単に弾きこなせるテクニックです

多くの楽曲はルート音を刻むシンプルなフレーズが中心なので、マスターするだけで色々な曲を演奏できるようになりますよ。

まずはゆっくりのテンポで、フォームや音色を確認しながら練習するところからはじめましょう。

慣れてきたら、練習曲にどんどん挑戦してギターのスキルを向上させてくださいね。

 

この記事のまとめ!

  • ブリッジミュートは、右手小指側の側面で弦に触れて打楽器的なサウンドを出すテクニック
  • 右手の位置や力加減、フォームを意識して練習するとサウンドがカッコよくなる
  • ブリッジミュートの練習は基本のダウンピッキングから始めるのがおすすめ
  • シンプルなフレーズが中心のブリッジミュート練習曲もたくさんある

 

おすすめ記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ton.

ton.

ジャズ、R&B、FUNK、BLUESを演奏するギタリストです。歌や音楽理論にも興味があり日々勉強しています。音楽をもっと楽しむためのヒントを届けていけたらと思います。

-楽器/機材

Copyright© ライブUtaTen , 2022 All Rights Reserved.