ライブ活動やバンド活動をするためのノウハウや悩みを解消する音楽情報サイトです

ライブUtaTen

アーティスト バンド

【唯一】ヤバイTシャツ屋さんのメンバープロフィールを徹底解説!人気曲もあわせて紹介 2022年9月

2020年6月4日

ヤバイTシャツ屋さん

出典元:https://twitter.com/fmkyoto/status/1244264302380380161/photo/1

今、人気上昇中のロックバンド「ヤバイTシャツ屋さん」。

2018年のNHKとのコラボなど、その活躍ぶりには目を見張ります。

メディアでもよく目にするようになり、今や若者だけでなく、広い世代から愛されているロックバンドにまで成長しました。

バンド名からして個性的な彼らは、メンバーのキャラクターだけでなく、楽曲やMV、ライブパフォーマンスまで、全てがユニークで独想的です。

Live編集部
この記事では、ヤバイTシャツ屋さんのあれこれを徹底解明していきます!

ココがおすすめ

この記事の目次はこちら!

ヤバイTシャツ屋さんとは?

ヤバイTシャツ屋さんとは

出典元:https://twitter.com/fmkyoto/status/1244264302380380161/photo/1

関西の大学で結成されたヤバイTシャツ屋さんは、歌詞やステージパフォーマンスに明確なコンセプトを持ち、多くのファンを魅了してきました。

時にコミカルに、時にエモーショナルなパフォーマンスは、観ているだけで爽快な気分にさせてくれます。

一方で、インパクトの強いバンド名が先行してしまい、実際どんな音楽をやっているのか知らない人も多いのではないでしょうか。

ここでは、ヤバイTシャツ屋さんのバンドの由来や結成のきっかけを紹介します。

バンド名の由来と結成のきっかけ

ヤバイTシャツ屋さん、通称「ヤバT」は、大阪芸術大学のサークルバンドとして結成されました。

強烈なインパクトを放つこのバンド名は、ギターボーカルのこやまたくやさんが発案しました。

なんでも、サークルの先輩が「今度ヤバイTシャツ屋さん行きまぁーす」といった言葉の感触が良かったことがきっかけとのことです。

「ハッピーウェディング前ソング」が人気

ヤバイTシャツ屋さんの楽曲の中でも、特に人気のナンバーが「パッピーウェディング前ソング」です。

アルバムリード曲として収録されたこの曲は、なんかいい感じの男女に第三者目線で適当に結婚を勧めるという、斬新なストーリーを持った曲です。

「ノリで入籍してみたらいいやん」というサビがキャッチーで、ウェディングソングとしても人気があります。

いい感じのカップルを第三者目線で無責任にひやかすという新しい切り口が、新感覚で面白いと評判です。

公式HPがいいかげん

「早速、ヤバイTシャツ屋さんをチェックしよう」と公式HPにアクセスする人も多いでしょう。

そうして訪れた公式HPからも、ヤバTのコミカルさと適当さを感じれるはずです。

HPは可愛いイラストで飾られており、一見したところ普通の公式サイトです。

しかし、よく見るとプロフィールに「50代女性をターゲットに活動中」と書かれていたり「大人がついたのでHPがちゃんとしたやつになりました」と記載されていたりと、とにかく情報がいいかげん。

バンドのコンセプトがよく伝わってきます。

ヤバイTシャツ屋さんのメンバー紹介

何から何までコミカルなヤバイTシャツ屋さん。

バンドを作り上げているメンバーは、どんな人物なのか気になりますよね。

言うまでもなく、ヤバTはメンバーひとり一人ももれなく個性的ですよ。

ヤバイTシャツ屋さんのメンバーのプロフィールを見ていきましょう。

ギターボーカル:こやまたくや

こやまたくや

出典元:https://twitter.com/yabaT_koyacial/status/1233049769863344129/photo/1

本名 小山 拓也(こやまたくや)
誕生日 1992年10月23日
出身地 京都府宇治市
靴のサイズ 24.5cm

マキシマムザホルモンに影響を受け、10-FEETのコピーバンドをしていたこともあるこやまたくやさんは、パワーのあるギタープレイが魅力です。

また、ヤバTの公式Twitterアカウントはこやまたくやさんが手動で更新しており、エゴサーチを欠かさないマメな一面もあります。

岡崎体育のMVを担当

こやまたくやさんは、大学では映像学科を専攻し、映像作家「寿司くん」としても活動しています。

こやまさんの友人でもある、シンガーソングライター岡崎体育さんのほとんどのMVを制作しており、岡崎体育のMV「MUSIC VIDEO」ではメディア芸術賞を受賞しました。

ちなみに、ヤバTのMVもほとんどこやまさんが制作しています。

使用ギター

こやまたくやさんは現在、ギブソンを愛用しています。

実際の購入金額は不明ですが、中古でも15万円するギターで、ヤバT公式Twitterでも「くっそ高かった」と書かれています。

中学時代にはマキシム ザ ホルモンのマキシムザ亮君に憧れ、レスポールを購入し独学でギターを学んだそうです。

活動初期の頃は、エピフォン社製のレスポールを使用していました。

ベースボーカル:しばたありぼぼ

もりもりもと

出典元:https://twitter.com/yabaT_official/status/1244667521191391232/photo/1

本名 柴田 亜利沙(しばたありさ)
誕生日 1994年3月31日
出身地 大阪府高槻市
靴のサイズ 22.5cm

バントの紅一点、しばたありぼぼさんはベースボーカルを担当しています。

ヤバTのバンドサウンドによく合う、ハイトーンで可愛らしい声が魅力です。

公式ホームページには「MAN WITH A MISSION」でベースを弾いているという記載のあるしばたありぼぼさんですが、この情報はもちろんデタラメです。

英語が得意な帰国子女

ありぼぼさんは、5歳までアメリカのメリーランド州で育った帰国子女です。

楽曲の中でもきれいな英語の発音を披露したり、英語歌詞の作詞を担当したりしています。

「ヤバみ」という楽曲の英歌詞を担当したことで、ありぼぼの英語力の高さが話題になりました。

ちなみに、ありぼぼさんの担当した英歌詞は「鼻から塩をストローで吸い込むとめっちゃ咳き込むよ」など、日本語に訳しても楽しめますよ。

道重さゆみさんのファン

ありぼぼさんは、モーニング娘。の元メンバー道重さゆみさんの大ファンであることでも知られています。

いつも着ている道重グッズのピンクTシャツには「道重依存」「徹底道重」「今更道重」などと書かれており、道重さんに対する愛が伝わりますね。

ちなみに、このTシャツ着用は事務所に許可も取っているそうです。

また、ありぼぼさんはつんく♂さんも敬愛していて、ハロー!プロジェクト好きでもあります。

使用ベース

使用楽器についてありぼぼさんから正式な公表はありませんが、自身のTwitterでは「ベースも歌も下手やし、ベースもまあまあ安いのん使ってる。」とコメントしています。

ライブ画像から調べてみると、YAMAHAのRBX4A2ホワイトエアクラフトグレイを使っているようです。

飛行機を感じさせるデザイン性の高いボディに加え、パワーのある音を出せるベースです。

ドラム:もりもりもと

しばたありぼぼ

出典元:https://twitter.com/yabaT_official/status/1240635644340088836/photo/1

本名 森本 啓太(もりもとけいた)
誕生日 1993年10月19日
出身地 静岡県浜松市
靴のサイズ 26.5cm

もりもりもとさんは地元、浜松市の魅力をPRする「やらまいか大使」にも任命されています。

2020年3月に発売されたシングル「うなぎのぼり」の初回限定版DVDでは、地元浜松市でオフを満喫する姿も収録されています(通常盤はDVDなし)。

バンドではドラムを担当していますが、時にトランペットやハーモニカを吹いたりと、多彩なことで知られています。

身長700mという噂の真相は?

公式HPには身長が700mとありますが、実際の身長は182cmだそうです。

その他にも、友達が少ないなど不思議なプロフィールが記載されています。

一体どんな人なのか気になりますよね。

ヤバTのオフィシャルグッズには、もりもりもとさんの顔がときおり登場し、メンバーやファンからも愛されているのがわかります。

Zildjian社とエンドース契約

もりもりもとさんは、力強くエモーショナルなドラムスタイルをヤバTで披露しています。

その実力が認められ、2018年にシンバルメーカーZildjian(ジルジャン)とエンドース契約をしているほどです。

もともともりもとさん、ドラム以外にも色々な楽器を演奏できます。

今後、ヤバTにとどまらず、ひとりのプロドラマーとしての活躍も期待できそうですね。

ヤバイTシャツ屋さんのおすすめ人気曲

メンバーのキャラクターからバンドのコンセプトまで、全てが個性的なヤバイTシャツ屋さんは、アイディアがたくさん詰まったユニークな楽曲で、多くのファンを魅了しています。

もちろん、アイディアだけでなく爽快なバンドサウンドもヤバTの魅力です。

ここでは、面白い歌詞とともにヤバイTシャツ屋さんのおすすめ楽曲を紹介します!

あつまれ!パーティーピーポー

2016年にリリースされた「あつまれ!パーティーピーポー」は、ヤバTメジャー1stアルバムにも収録された人気曲です。

アメリカのポップユニットLMFAOの「shots,ft. Lil Jon」のオマージュ作品としても知られています。

「しゃっしゃっしゃっしゃ」と、出だしからとてもインパクトがあり、ノリノリで楽しい曲です。

MVのコンセプトも面白く、日本のスタジオライブから始まり、最後ハリウッドに到着するというユニークなストーリーに仕上がっています。

ウェイウェイ大学生

2016年リリースの「ウェイウェイ大学生」は、大学生あるあるをそのまま歌詞にした楽曲です。

近畿地方の学生さんなら、誰でも共感できる内容になっています。

サビはとにかく「ウェイウェイ」を繰り返していて、ライブでも盛り上がる一曲です。

「産近甲龍あたりの学生は制服でユニバ行きがち」など、近畿地方の学生さんなら共感できる歌詞が多く、関西の大学生の生活感溢れる曲です。

癒着☆NIGHT

癒着☆NIGHTは「ハッピーウェディング前ソング」のアンサーソングとして作られました。

癒着=You Checkのように、言葉遊びも満載で歌詞にもこだわりが見られるアイディアいっぱいの曲です。

MVまでアフターストーリーになっていて、前作のMVで結婚したカップルの、ラブラブな新婚生活をメンバーで邪魔をするという内容です。

ぜひ、MVと合わせて観てみてくださいね。

かわE

ヤバTの3rdアルバムに収録されている「かわE」もおすすめです。

映画「ニセコイ」の主題歌や、auのCMソングとしても起用されました。

MVはストーリー仕立てで、サビは一緒に踊れる楽しい内容になっています。

「かわE 越して かわFやんけ」や「恥ずかC 越えて 恥ずかDやんけ」など、ヤバイTシャツ屋さんらしいユニークな表現がたくさん詰まった曲です。

人気急上昇中のヤバイTシャツ屋さんのメンバーはやはり面白かった!キャッチーな音楽と型破りの歌詞に注目

明確なバンドコンセプトや、面白いアイディアを盛り込んだ楽曲が魅力の「ヤバイTシャツ屋さん」。

今まで誰も注目してこなかった日常のあるあるを描いた歌詞と、それをキャッチーに表現する音楽センスが人気のバンドです。

自分たちで行う映像製作をはじめ、面白い楽曲を提供し続けるヤバイTシャツ屋さんの今後が見逃せません。

ライブパフォーマンスも素晴らしいバンドなので、ぜひライブに足を運んで、ヤバTライブを楽しみましょう!

この記事のまとめ!

  • ヤバTは大学のサークルバンドとして結成
  • 人気曲「ハッピーウェディング」はおもしろコンセプトの詰まった一曲
  • ギターボーカルこやまたくやさんは、映像作家「寿司くん」としても活躍している
  • ベースボーカルのしばたありぼぼさんは、帰国子女で英語力がすごい
  • ドラムのもりもりもとさんは、Zildjian社からも認められているドラマー
  • ヤバTの曲はどれもコンセプトが面白く、MVが楽しい!

おすすめ記事

-アーティスト, バンド
-, ,

Copyright© ライブUtaTen , 2022 All Rights Reserved.