1. 歌詞検索UtaTen
  2. 星羅
  3. 冬の朝歌詞
よみ:ふゆのあさ

「冬の朝」の歌詞

冬の朝 歌詞
星羅
2011.11.9 リリース
作詞
いしわたり淳治
作曲
星羅
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
だれもいない朝焼あさやけのまちしずかで
地球ちきゅう最後さいごのこってしまった気分きぶん
電信柱でんしんばしらのふもと もったゴミのやま
雪崩なだれて歩道ほどうふさいでる

えるゴミのふくろやぶって
ねじれがっていびつ針金はりがねハンガーみたく
分別ぶんべつさえ出来できないこころ
ねじれがったこころてたつもりかい

だれとおらない交差点こうさてん 健気けなげにはたらく信号機しんごうき
しろいききている あかしえたふゆあさ

だれ気付きづかない だれられることのない
ひとりの時間じかんなにしてるか
人生じんせいはそれでまるんだぜ

「おれといるときには 出来できないことはもう
おれがいないときでもしないでしいんだ
なあ しんじていたいから おまえを」
あのとき約束覚やくそくおぼえてんのかな

くらいニュースだけんだ 新聞配しんぶんくば高校生こうこうせい
しろいききている あかしえたふゆあさ

だれ気付きづかない だれられることもない
ひとりの時間じかんなにしてるか
人生じんせいはそれでまるんだぜ

歩道ほどうふさぐゴミのやま あつめてまわ清掃車せいそうしゃ
だれとおらない交差点こうさてん 健気けなげはたら信号機しんごうき

くらいニュースだけんだ 新聞配しんぶんくば高校生こうこうせい
しろいききている あかしえたふゆあさ

だれ気付きづかない だれられることのない
ひとりの時間じかんなにしてるか
それですべてがまるんだぜ

冬の朝/星羅へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:冬の朝 歌手:星羅