1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. インタビュー

特集一覧 インタビュー

【インタビュー】わーすた、全新曲ミニアルバム『What's "standard"!?』はアイドルの垣根を超えた!?

11月25日、ミニアルバム『What's "standard"!?』をリリースする5人組アイドルグループ・わーすた。それぞれ楽曲の話や、今後のライブの話について、インタビューを行いました。

【インタビュー】BLUE ENCOUNT、最新作『Q.E.D』は「未来に続く一枚であり、まだまだ未完成な一枚」

4人組ロックバンドのBLUE ENCOUNTが11月18日(水)に、4thAlbum『Q.E.D』をリリースした。今作は、前作の『VECTOR』から約2年8カ月ぶりのニューアルバムで、これまでにタイアップを獲得した『バッドパラドックス』『ポラリス』『FREEDOM』『ユメミグサ』などのヒット曲も収録。さらに、既存曲に加えて最新曲5曲も加わり、今のブルエンが伝えたいありのままの答えが詰まった宝箱のような1作に仕上がっている。彼らがUtaTenで語ってくれたエピソードはどんなものになっているのか…?おまけエピソードもあるので、最後までお見逃しなく!

【インタビュー】夜韻-Yoin-。癒しの歌声が眠れぬ夜を救う

男女3人組のユニットの夜韻-Yoin-(よみ=よいん)が8月5日に、メジャーデビュー配信シングル『Seafloor』をリリースした。作詞・作曲を手掛けるあれくんは、「ばーか。」という曲でTikTokで知名度を上げたシンガーソングライター。そのあれくんが「自分のアルバムを作った時、いろいろな人に声をかけて一緒にやってもらったんですけど、2人がすごく良かったんで、僕から声をかけて」結成された。1人はオルタネィティヴロックバンドMAKE OWN LIFEのギタリストとしても活動する涼真(G, Composer)。もう1人は、音大出身のピアニスト岩村美咲(Piano)である。音楽を“イメージで共有”する3人が作り出すサウンドは、無重力にも似たような自由さと、闇に落ちそうになる心に寄り添う優しさを備えている。デビュー配信シングル『Seafloor』について、それぞれの役割について話を聞いた。

【インタビュー】ノリノリで製作した「本気でアイラブユー」は 新しいEUPHORIAの魅力が詰まった渾身作!

遂に4th Single「本気でアイラブユー」をリリースするEUPHORIA。果実よりも熟れたリップの王子たちが語る、製作秘話や未来へのメッセージなど、ハートがハレーション起こしちゃう胸キュンなインタビューをお届けします!

【インタビュー】Lead、「ほうきダンスもTikTokとかでバズったら嬉しい」話題の新曲をダンスで調理!

Lead、通算33作目のシングルが9月23日発売となった。タイトルは『Tuxedo~タキシード~』。グループ初の試みとして、2週間前から配信で先行リリースされていたこの曲は、ロックンロールやロカビリーといった、オールディーズを彷彿させる、アッパーなパーティーチューン。とはいえ、これまでの彼らの“パーティチューン”とは異なる“ノリ”の曲である。今だから逆に新鮮?Leadがやるから新鮮?否、Leadというエンターティンメントのプロが、斬新なパーティーチューンを料理したのだ。ファンが今、1番気になる今後のライブについても語ったインタビューをお届けします。

【インタビュー】フレデリック・三原康司「大変だったけど、今、出せてよかった」

4人組ロックバンド、フレデリックのNew EP『ASOVIVA』は、コロナ禍で制作、完成した。世の中が一変し、ミュージシャンとして感じた悲しみや怒り、未来への希望。作詞・作曲を担当した三原康司(Ba)の想いとは?

【インタビュー】BLUE ENCOUNT、映画「青くて痛くて脆い」への主題歌に込めた青春の儚さと バンドの歌詞作りを語る

4人組ロックバンドのBLUE ENCOUNT(略ブルエン)が9月2日に、12枚目のニューシングル『ユメミグサ』をリリース。今作は住野よる原作の映画「青くて痛くて脆い」の主題歌に起用されており、映画の情景をブルエンらしく繊細に表現した壮大なミドルバラードになっている。UtaTen初登場ということもあり、ブルエンの歌詞の作り方などのパーソナルな部分から、新譜『ユメミグサ』へ込めた彼らの想いをロングインタビューでお届けする。

【インタビュー】放課後プリンセスとクレオパトラに共通する意志とは…。

最新シングル『灼熱のミステリーアイ/絶世クレオパトラ』が、オリコンシングルチャートで7位。ビルボードシングルチャートでは5位を記録。実力派としてアイドルファン以外にも支持を得ている放課後プリンセス。チェキチャでもお馴染みの彼女たちが、最新シングルについて熱く語ってくれた。

【インタビュー】藍井エイル、「ソードアート・オンライン」は私にとってなくてはならないもの。感動必須のEDへの想いを語る

藍井エイルが8月12日に、ニューシングル「I will...」をリリース!今作はTVアニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」2ndクールエンディングテーマに起用されており、涙腺崩壊間違いなしの切ない楽曲に仕上がっています。今回はそんな彼女にメールインタビューを敢行しました!

【インタビュー】わーすたがお届けする、最高の夏の感じ方!!!!!

わーすたが8月12日に、最新シングル『サンデー!サンシャイン!』を発売しました。今作はこの時期にぴったりの極上のサマーソングに仕上がっているそうです。同楽曲の魅力を、5人がわちゃわちゃ語ってくれました。ぜひ、5人の会話の模様を楽しんでください!

【インタビュー】話題の安斉かれんは、吹奏楽オタク? 京都橘高校・吹奏楽部を迎えた新曲リリース

アーティストの安斉かれんが7月22日に、新曲「僕らは強くなれる。」をリリース。そして4月~7月に渡り放送された土曜ナイトドラマ『M 愛すべき人がいて』で主演を務め、この半年で、ほぼ無名から全国区に知名度を上げた。自身のアイデアから、京都橘高校・吹奏楽部を迎えてレコーディングされた本作。90年代J-POPを彷彿させるメランコリックなメロディーに、ブラスバンドアレンジが力強さを添えている。間奏では、本人もソプラノサックスを披露。今回はそんな彼女にインタビューを敢行し、愛すべき音楽の話、いろいろ語ってもらいました。

【インタビュー】最高の夏にしましょう。VRアイドル"えのぐ"が8月公演で描く夏の景色がとっても気になる!!!!

今年2月16日、ヒューリックホール東京を舞台に、昼夜2公演を行う形で結成2周年記念ライブを開催したえのぐ。じつは開催日の少し前に、結成以来ともに歩み続けてきたメンバーがアイドル引退を発表。その日が、4人のえのぐとして始まりを告げるライブになった。 当日は、メンバーらも納得の行く熱狂を生み出す内容だったが、少なからず心残りがあった。そのうちの一つが、開催会場を満員にできなかったこと。ステージの上で感じた悔しさから、彼女たちは8月8日(土)と9日(日)に、ふたたびヒューリックホール東京を舞台に「えのぐワンマンLIVE2020-次章-」と題し、8日は、新衣装お披露目ライブとして。9日は、バンドを従えた形でワンマンライブを行うことを発表した。この2日間は、観客たちの前ではもちろん、ライブ配信も加えた形で行われる。 ここからは、8月の2DAYS公演へ向かう4人の想いをお届けしよう。