1. 歌詞検索UtaTen
  2. 蘭華
  3. 花籠に月を入れて歌詞
よみ:はなかごにつきをいれて

「花籠に月を入れて」の歌詞

蘭華
2016.9.21 リリース
作詞
蘭華
作曲
蘭華
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
あれはいつのことでしょう
こゝろ がれ
かなわぬこいりながら かれていたの

あいすることもらないまま
ひとつ、ふたつあなたをおぼ
もうね、もとにはもどれないのよ
どうかそばにいて どんなよる

おなつきてるの はなればなれだね
えない月日つきひかぞえてる
わたし、あなたがすき

あいすることをはじめて
ひとつ、ふたつ孤独こどくよる
えてきたのはこのあい
まもってゆきたいとねがうから

あいとはとてももろいものよ
そっと、そっとこわさぬように
わたしは花籠はなかご あなたはつき
大切たいせつつつんでゆきたいの

あいすることをまなびました
ひとつ、ふたつあいかさねて
あなたのかえ場所ばしょ此処ここです
いつもいつまでもあなたを

花籠に月を入れて/蘭華へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:花籠に月を入れて 歌手:蘭華