1. 歌詞検索UtaTen
  2. ミス・モノクローム(堀江由衣)
  3. キミとボク歌詞
よみ:きみとぼく

「キミとボク」の歌詞

ミス・モノクローム(堀江由衣)
2015.12.9 リリース
作詞
山崎寛子
作曲
山崎寛子
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
曖昧あいまいだからわからずに
キモチ裏返うらがえしてみても
スキはキライにならなくて

「もっとキミをスキになってた」

いたいだけどわからずに
昨日きのう裏返うらがえしてみても
明日あした予想よそうはつかずに

「もっとキミにいたくなってた」

サヨナラのあとには
約束やくそくがあったよ
れたならスグに
けていくみたいだ

何度なんど見失みうしなったって
何度なんどこわれたって
どんなときもキミのそばにいる
とおどお場所ばしょから
やっとこんなちかくに
キミとボクでつながったよ

何度なんどまれわって
なに度忘どわすれたって
どうやってもキミにいにいく
ぜんぶぜんぶココロが
透明とうめいになったら
キミとボクだけがのこったよ

つたえたいコトがあるのに
コトバ裏返うらがえしてみたら
ホントのボクじゃなくなって

「きっとキミをおもいすぎてた」

まもりたいモノにづいて
なに裏返うらがえさないまま
ただヒトリココまでたよ

「きっとキミにうためだったね」

約束やくそくつづきに
サヨナラはないから
れてみてスグに
かわりだした世界せかい

何度なんどキミをさがして
何度なんどつけあって
どんなふうにフタリはそばにいる?
とおどお時間じかん
感情かんじょうにできたら
キミとボクはつながれるの?

何度なんどそのにぎって
何度なんどわしたなら
今度こんどこそフタリでいられるの?
ぜんぶぜんぶココロを
透明とうめいにするから
キミとボクだけをのこしてよ

モノクロームの世界せかい
いろがこぼれはじめた

何度なんどキミに出会であって
何度なんどがさねあって
永遠えいえんをフタリでえがけるの?
ぜんぶぜんぶココロを
透明とうめいにするから

キミとボクだけが
ツ・ナ・グ

何度なんど見失みうしなったって
何度なんどこわれたって
どんなときもキミのそばにいる
とおどお場所ばしょから
やっとこんなちかくに
キミとボクでつながったよ

何度なんどまれわって
なに度忘どわすれたって
どうやってもキミにいにいく
ぜんぶぜんぶココロが
透明とうめいになったら
キミとボクだけがのこったよ

キミとボク/ミス・モノクローム(堀江由衣)へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:キミとボク 歌手:ミス・モノクローム(堀江由衣)