1. 歌詞検索UtaTen
  2. 岩男潤子
  3. 晩夏歌詞

1996.7.19 リリース

「晩夏」の歌詞 岩男潤子

友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
さよならをうために いにた ここからなつえる
あのころは さざなみ永遠えいえんやさしさも わらぬとしんじた

くもたかながれて うみあおさを
そして はじまりは あいしているの呪文じゅもん
あなたのかぜくと ひるがえわたしすこのここいくせ

あんなに夢中むちゅうだった なつはもうゆめよう
そんなにくるしいなら ほら自由じゆうにしてあげる

両手りょうてたかげて ゆっくりと そらへと小鳥ことりはなつよ
がる 人工じんこう羽根はねいろ 逆光ぎゃっこうかがやいて 綺麗きれい

なごるうみはうねりを あげながらくだける
それは不可思議ふかしぎあつさをまして
あなたはかぜさそなみになり わたしれた すないたほど

あんなにくるしかった こいはもう日々ひび
あたらしいふく明日あしたさがしにゆこう

さよならはなにもかも うばるものだって ずっとおもってた
それなのに わらってる もう二度にどえないかもしれないのに

ばんか/いわおじゅんこ

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:晩夏 歌手:岩男潤子

リンクコード:

ブログ用リンク:

岩男潤子 人気歌詞ランキング

岩男潤子の歌詞一覧を見る