1. 歌詞検索UtaTen
  2. 高橋真梨子
  3. 水の吐息歌詞
よみ:みずのといき

「水の吐息」の歌詞

高橋真梨子
1992.8.26 リリース
作詞
来生えつこ
作曲
来生たかお
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
こいならいつでもゆらめくこころ具合ぐあい
突然とつぜんつめたくあめおどろくように
あなたとわたし居場所いばしょがわからなくなる
時折ときおり迷路めいろ

季節きせつ ごとに いろわる
うみてる 二人ふたりだもの

ドアを ける あなたのひとみ
いつも ちがただよせる

ほそゆびで はさむ 煙草たばこけむり
すこまゆを しかめるとき
だけど それも すべていとしいいま
そっと 吐息といき なみのように れる

ふいの あめんだみたいに
いだ こころ おとずれるとき

みずの ように きよながれる時間じかん
とても きよ それは 事実じじつ
あなたのむね それだけあればいいと
そっと そっと かせる わたし

水の吐息/高橋真梨子へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:水の吐息 歌手:高橋真梨子