1. 歌詞検索UtaTen
  2. 田村ゆかり
  3. 宵待ちの花歌詞

2006.4.19 リリース

「宵待ちの花」の歌詞 田村ゆかり

宵待ちの花 歌詞
作詞
コトワカナデ
作曲
田中隼人
iTunesで購入
曲名
宵待ちの花
アルバム
銀の旋律、記憶の水音。
金額
¥255
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
ひだまりいろかぜつつまれて
きみあるいてく かえみち
自然しぜんほおがる 不思議ふしぎだね
つい おしゃべりになる

かたむはじめた オレンジ
背中せなかびては れるかげ
んだときけば
ずっとそばで いてくれた

なつ夕陽ゆうひにしみる
まぶたえが宵待よいまちのはな
いつか ねがいを かなえて
つききてくるまえに…

見慣みなれたそらしたで ゆっくりと
えない時間じかんぎるよる
やさしいこえいまはなれずに
ひとり ゆめ途中とちゅう

言葉ことばにならない ちいさな気持きもちを
らす つきひかり
しずかにいろづく いとしさを
つたえたくて ばした

なつわりは はかなくて
かぜれる 宵待よいまちのはな
いつか おもいを とどけて
月明つきあかりをまえに…

ためいきこう ひそかにたたずむ
笑顔えがおつけたら
こころのつぼみは すこしずつ
おなそらひろがるかな

なつ夕陽ゆうひにしみる
まぶたえが宵待よいまちのはな
いつか ねがいを かなえて
つききてくるまえに…

よいまちのはな/たむらゆかり

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:宵待ちの花 歌手:田村ゆかり

リンクコード:

ブログ用リンク:

田村ゆかり 人気歌詞ランキング

田村ゆかりの歌詞一覧を見る

田村ゆかりのニュース

田村ゆかりのニュースを全て見る