1. 歌詞検索UtaTen
  2. 錦野旦
  3. 愛のぬけがら(花に別れを)歌詞

2009.9.30 リリース

「愛のぬけがら(花に別れを)」の歌詞 錦野旦

友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
あいせない あれからけがら
なにもかも かぜのようなむなしさ
きみいのち えたから
ぼくは あいめた
つよさけ あびるほどんでは
むねいたわすれようとつとめた
ぼくにできる ことは ひとつ
じっと えることさ
きみんだあさ えたたねいま
しろはなかせたのに
ぼくのこころには 木枯こがらしがいて
あいのかけらひとつひとつ らす

ひざがしら こぶしでたたいて
けるだけ いたあのとお
いまのぼくには くことさえ
できず 部屋へやにひとり
そう 夜明よあけにこのまち
わすれよう きみらした日々ひび
ふたりだけで そだった
あいめたままで
きみんだあさ えたたねいま
しろはなかせたのに
ぼくのこころには おもばかりが
ツタをからみつかせているだけさ

あいのぬけがら(はなにわかれを)/にしきのあきら

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:愛のぬけがら(花に別れを) 歌手:錦野旦

リンクコード:

ブログ用リンク:

錦野旦 人気歌詞ランキング

錦野旦の歌詞一覧を見る