1. 歌詞検索UtaTen
  2. 錦野旦
  3. 愛のぬけがら(花に別れを)歌詞
よみ:あいのぬけがら(はなにわかれを)

「愛のぬけがら(花に別れを)」の歌詞

愛のぬけがら(花に別れを) 歌詞
錦野旦
2009.9.30 リリース
作詞
藤公之助
作曲
増田豊
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
あいせない あれからけがら
なにもかも かぜのようなむなしさ
きみいのち えたから
ぼくは あいめた
つよさけ あびるほどんでは
むねいたわすれようとつとめた
ぼくにできる ことは ひとつ
じっと えることさ
きみんだあさ えたたねいま
しろはなかせたのに
ぼくのこころには 木枯こがらしがいて
あいのかけらひとつひとつ らす

ひざがしら こぶしでたたいて
けるだけ いたあのとお
いまのぼくには くことさえ
できず 部屋へやにひとり
そう 夜明よあけにこのまち
わすれよう きみらした日々ひび
ふたりだけで そだった
あいめたままで
きみんだあさ えたたねいま
しろはなかせたのに
ぼくのこころには おもばかりが
ツタをからみつかせているだけさ

愛のぬけがら(花に別れを)/錦野旦へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:愛のぬけがら(花に別れを) 歌手:錦野旦