1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. 大塚愛
  5. 大塚愛、デビュー14周年企画第5弾! 「愛」という楽曲から見た、自分を犠牲にしても守りたいもの。

大塚愛、デビュー14周年企画第5弾! 「愛」という楽曲から見た、自分を犠牲にしても守りたいもの。



大塚愛、14周年を記念した14年間のインタビュー掘り起こし企画実施中!

今年の9月にデビュー14周年を迎えたばかりの大塚愛。
デビュー当時からのブレない意志と”これから”を魅せた大塚愛が、14周年を記念した14年間のインタビュー掘り起こし企画&配信プライスオフキャンペーンを実施中!!
第9弾に分けて、年末まで実施予定だ。ぜひこの機会に一緒に大塚愛という人物を振り返ってみよう。

<掘り起こしインタビュー第5弾>
私に子供ができたとしたら、やっぱり自分を犠牲にしても守りたいものってそこにあるだろうなって。

大塚愛は、メジャーデビューから5枚目のオリジナルアルバム『LOVE LETTER』 に至るまでのシナリオを事前に考え、それを遂行してきた。
ゆえに『LOVE LETTER』に関しては「最終章であり、最初の章のアルバム。」「これが元々の私なんです。そこから広がっていった、はっちゃけたものだったりとか、ある意味、変な感じのものだったりを先に発表してきたんですけど、これが本当の私の始まりっていう」と語っており、同年の『NHK紅白歌合戦』では収録曲「愛」を熱唱し、ひとつのストーリーをドラマティックに締め括ってみせた。

そんな大きな分岐点となったアルバム『LOVE LETTER』リリース時のインタビュー。
「愛」について彼女は「みんなそれぞれが自分の一番大事な人だったり、一番近くにいる人を幸せにすることが出来たら、みんなが個人個人でそれをやったら、それで全世界幸せになるっていうか、何かしら動いていくんじゃないかなって思ったし。
そういうことを「愛」では言いたかったんだと思う」とコメントし、その理由を「自分の愛する人たちが笑ってたり、そこに存在してくれてることだったり、今日も脳天気に笑ってくれていることが自分にとっての幸せだなって。今、私に子供はいないけど、私に子供ができたとしたら、やっぱり自分を犠牲にしても守りたいものってそこにあるだろうなって。そう思うようになったからかもしれない」と語った。

これはまだ結婚も出産も予定していなかった頃の発言だが、明らかにそれまでの破天荒な大塚愛のイメージを変えるものだった。
実際、本人も「狭いです、狭いです。今まで超狭かったですもん!」と、このタイミングで今までになかった寛容さが芽生えたことを認めている。
(TEXT:平賀哲雄)

尚、大塚愛の5thアルバム「LOVE LETTER」の配信プライスオフを実施!
次回2週間後の11月22日からは6thアルバム「LOVE FANTASTIC」が配信プライスオフになるのでぜひチェックしてみて欲しい。

大塚 愛は、1982年9月9日生まれ大阪府出身のシンガーソングライター、女優、絵本作家、イラストレーター。振付師の南流石を中心に結成されたバンド「Rabbit」のボーカルでもある。2002年、エイベックスに送った自作のデモ(収録曲「桃ノ花ビラ」「さくらんぼ」「大好きだよ。」)が審査員の目に止ま···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

MIYAVI、対戦型コラボ・アルバム第…

Creepy Nuts黒歴史90連発P…