1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. 笛木優子、救いようのない悪女役に挑戦も、千原ジュニアにビビる!「演技じゃなくて本気でにらまれたら、怖いですよね」新・ミナミの帝王は1/6放送!

笛木優子、救いようのない悪女役に挑戦も、千原ジュニアにビビる!「演技じゃなくて本気でにらまれたら、怖いですよね」新・ミナミの帝王は1/6放送!



カンテレ制作の人気シリーズ「新・ミナミの帝王」が2018年1月6日に放送決定

カンテレが制作する千原ジュニア主演ドラマ『新・ミナミの帝王』の、シリーズ14作目と15作目が放送される。同作は、原作・天王寺大 萬画・郷力也の作品「ミナミの帝王」を実写化したドラマで、カンテレでは千原ジュニアを主演に抜擢し2010年から制作。過去に13作品が放送され、平均視聴率8.3%(占拠率:18.7%)を記録している。

千原ジュニアが演じる大阪ミナミの金貸し・萬田銀次郎は、貸し倒れ(貸した金を回収できなくなること)にあったことがないのが自慢で、借金はどんな手を使ってでも取り立てることから「ミナミの鬼」と恐れられている。同作は、依頼人が借金せざるを得なくなった問題に切り込んでいく銀次郎を描くヒューマンドラマとなっている。



来年1月6日(土)午後4時から放送されるシリーズ第14作「得する離婚、損する離婚」には、女優の笛木優子が出演する。笛木が演じるのは、銀次郎に長年出資していた資産家の妻の矢崎かほり。金に目がなく、財産目当てで矢崎と結婚したものの、別の男と不倫しているというまさに“悪女”。これまでに何度も悪女を演じてきた笛木は、かほりについて「一番ひどい…(笑)」と表現。女優として演じ甲斐がある役と感じたようで「“結構救いようのない悪女だな”というのが印象だったんですけど、演じる方としては色々見せ所があるしやりがいもあるので、そういう意味ではすごく魅力的な役だし、私はすごく良かったです」と話した。


笛木優子、千原ジュニアの印象は?

 主演の千原ジュニアとの共演は初めてだった笛木。千原の印象について聞かれると、その迫力と貫禄に「すごく圧倒されました」と言い、「他の俳優さんは遠慮してあんまり近くに来られなかったり、目線も合っているようで実際は全然違うところを見ている方もいたりするんですけど、ジュニアさんはリハーサルからどんどん近くなるし、絶対目を逸らさない。だから私もごまかさないし、そういう迫力はほかの俳優さんにはない距離感で、魅力なのかと思いました」と共演を振りつつ、「演技じゃなくて本気でにらまれたら、怖いですよね。演技だからいいけど、超こわかった!(笑)」と、本音を明かした。また、銀次郎の舎弟・坂上竜一を演じる大東駿介とは約9年ぶりの共演だったそうで、「男らしくなったな」と、久々の再会を喜んでいた。

また“救いようのない悪女”を演じた笛木について、「ミステリアスな役どころで、笛木さんに非常に合っていると思いました。すごくお芝居をさせていただきやすかったです」(千原)、「笛木さんにしか出せない色気、ミステリアスさと美しさで、人を惑わせる力があり、役にピッタリですね」(大東)と、それぞれが絶賛した。

千原ジュニア主演ドラマ『新・ミナミの帝王』の見どころ

最後に、出演する第14作の見どころについて笛木は、「見ている人は“すごい悪い女だな~”って思うけど、“こんな怖い人がいるよ!”“こういう女性もいるから気をつけたほうがいいよ”って分かってもらえるのではないでしょうか(笑)」と、茶目っ気たっぷりに語った。

笛木が出演する第14作『新・ミナミの帝王 得する離婚、損する離婚』は、2018年1月6日(土)午後4時~午後5時30分に放送。翌週13日(土)午後3時~午後4時30分には、小芝風花が裏の世界に生きる“謎の女”を演じるシリーズ第15作『新・ミナミの帝王 ニンベンの女』が放送される。

『新・ミナミの帝王 得する離婚、損する離婚』

【サブタイトル】第14作 得する離婚、損する離婚
【放送日時】2018年1月6日(土)午後4時~午後5時30分
【出演者】
千原ジュニア 大東駿介 赤井英和 奥村佳恵 / 笛木優子 佐藤めぐみ 佐藤蛾次郎 /
加藤虎ノ介 加藤啓 青木凰 ほか

【あらすじ】
大阪ミナミの金貸し・萬田銀次郎(千原ジュニア)は、資産家の矢崎繁張(佐藤蛾次郎)から結婚を知らされる。相手は元ホステスのかほり(笛木優子)。矢崎は病気で余命2年だとだまして同情を誘い、心優しいかほりとの結婚にこぎつけたとうそぶく。
同じ頃、ミナミでは東京から来た悪質な闇金業者による詐欺トラブルが多発。顧客が被害に遭った銀次郎は、実態を突き止めようと調査に乗り出す。
一方、銀次郎の舎弟・坂上竜一(大東駿介)は、馴染みの喫茶店「エリエート」で働く星野千草(佐藤めぐみ)の手足があざだらけなのに気づく。千草は夫・鉄男(加藤虎ノ介)からの日常的な暴力に苦しんでいた。
そんなある日、千草が息子の健太(青木凰)と帰宅すると、鉄男が家に女を連れ込んでいた。ついに耐えきれなくなった千草は、竜一と「エリエート」のウエートレス・船場藍(奥村佳恵)にすべてを打ち明け、離婚を決意。弁護士を目指す藍の勧めで、養育費を請求し、公正証書を作ることにする。
当初は千草の離婚条件を受け入れた鉄男だったが、不倫相手に入れ知恵され、態度を一変。怪しんだ竜一は女の素性を探り始める。そして思わぬところで東京の闇金業者・大村伸治(加藤啓)を追っていた銀次郎と出くわし、女の正体を知る。女は矢崎の妻・かほりだった。しかも、かほりはある企みを抱き、大村とも密かに接触していたのだ。かほりの本性を偶然知った矢崎は慌てて銀次郎に助けを求める。
かほりによって窮地に立たされた千草と健太をも救うべく、銀次郎は竜一とともに動き出す。そこで銀次郎が打った手とは…!?


笛木優子 コメント

Q かほりを演じてみて、いかがでしたか?
悪女は何度かやったことがあるんですけど、一番ひどい…(笑)
「結構救いようのない悪女だな」というのが印象だったんですけど、演じる方としては色々見せ所があるしやりがいもあるので、そういう意味ではすごく魅力的な役だし、私はすごく良かったです。
誰しも悪い部分は持っているので、感情移入できる部分もあると思うんですけど、その悪い感情の対処の仕方は人それぞれですよね。かほりは人のせいにしたり、人を使ったり、周囲の人を巻き込むタイプですけど、私は人のせいにはせず自分でやる方なので、そこは違うなと思います。かほりは本当に悪い女なので、感情移入するのがちょっと難しいと思ったところもありました。彼女の背景には色々あるんですけど、「そこまでやる?」っていうのはありましたね。かほりのように、あれだけ思い通りにできるのは、ある意味才能があるなと思うし、頭が切れる女性なのかなとも思います。

Q 千原ジュニアさんとの共演については、いかがでしたか?
ジュニアさんはこれまでご一緒したことはなくて、テレビではもちろん、芸人として見たことはあるんですけど、演技をされるお姿を見たことはなかったので、どういう演技をするのかなと楽しみでした。
普段演技をされていない方が、長いセリフを覚えるのはすごい大変なんじゃないかなと思ったんですけど、セリフがスラスラ出てきていて驚きました。セリフを覚えられても、スラスラ出てくるっていうのは、結構難しいと思うんですよ。かつ迫力も貫禄も出さないといけないし、すごく圧倒されました。距離感が他の俳優さんとは違うなと感じたんですけど、普段演技をやられていないからこそできる距離感だと思うので、すごく新鮮でした。他の俳優さんは遠慮してあんまり近くに来られない方が多かったり、目線も合っているようで、実際は全然違うところを見ている方もいたりするんですけど、ジュニアさんはリハーサルからどんどん近くなるし、絶対目を逸らさない。だから私もごまかさないし、そういう迫力はほかの俳優さんにはない距離感で、魅力なのかなと思いました。でも、あれを演技じゃなくて本気でされたら、怖いですよね。演技だからいいけど、超こわかった!(笑)。

Q 大東駿介さんとの共演については、いかがでしたか?
8、9年くらい前にご一緒したことがあって、その時はまだ大東さんが若かったから、今回ご一緒して「男らしくなったな」と。その時は若い男の子のドラマだったので、その後、「男らしくなったけど変わっていないな」という印象で、久しぶりにお会いできてすごく嬉しかったです。

Q 第14作「得する離婚、損する離婚」のみどころと、視聴者へのメッセージをお願いします。
見ている人は、かほりのことを“すごい悪い女だな~”って思うと思います。男性は結構ああいう女性が好きなんですかね?(笑)。このドラマで「こんな怖い人がいるよ! こういう女性もいるから気をつけたほうがいいよ」って分かってもらえるのではないでしょうか(笑)。

東京女子流、前代未聞!!ダンス&ボーカ…

サカナクション山口一郎と音楽の未来を考…