1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. 大石昌良
  5. 大石昌良 ニューシングル『パラレルワールド』に先駆け 「ようこそジャパリパークへ(弾き語りver.)」2/28先行配信!

大石昌良 ニューシングル『パラレルワールド』に先駆け 「ようこそジャパリパークへ(弾き語りver.)」2/28先行配信!



大石昌良 『パラレルワールド』に先駆け「ようこそジャパリパークへ(弾き語りver.)」2/28先行配信!

2017年、大ヒットとなったTVアニメ『けものフレンズ』のテーマ曲「ようこそジャパリパークへ」を手がけ、音楽・アニメ業界で注目を集めるシンガーソングライター・大石昌良が3月7日に弾き語りニューシングル「パラレルワールド」をリリースする。

シングルリリースに先駆けて収録楽曲「ようこそジャパリパークへ(弾き語りver.)」のiTunes Store、レコチョク他、各配信サイトにて2月28日より先行配信が決定し、その先行配信ジャケットが公開となった。

『けものフレンズ』ファンからは“おーいしおにいさん”の愛称で親しまれている大石昌良だが、その圧倒的な歌唱力・卓越したギターテクニックによる“天才弾き語リスト”大石昌良として弾き語る「ようこそジャパリパークへ(弾き語りver.)」はけものフレンズファンやどうぶつビスケッツ×PPPが歌う原曲「ようこそジャパリパークへ」ファンはもちろん、ギターファン、大石昌良ファン必聴の1曲となっている。

大石昌良本コメント

アコギ弾き語りバージョンの「ようこそジャパリパークへ」を本気で収録してみました笑!きっと今までいろいろなバージョンでお楽しみいただいている「ようこそジャパリパークへ」かと思いますが、今回は弾き語りでのセルフカバーということでまた一味違った内容でございます。本人的にもなかなか面白く仕上がったかと!
BGMにするも良し、一緒に歌うも良し、コピーするも良し!みなさまのお耳にかなうことを心から願っております!

大石昌良 最新情報

配信情報

■「ようこそジャパリパークへ(弾き語りver.)」
iTunes Store、レコチョク他、各配信サイトにて2月28日より配信開始
iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/id1348204958?app=itunes&ls=1 
レコチョク
http://recochoku.jp/song/S1006425873/
mora
http://mora.jp/package/43000005/VE3WA-18065/
他、LINE MUSIC、Apple Music、AWAなど主要定額制音楽ストリーミングサービスでも3月7日より楽曲配信開始。

■TVアニメ『けものフレンズ』主題歌「ようこそジャパリパークへ / どうぶつビスケッツ×PPP」
iTunes Store、レコチョク他、各配信サイトにて大好評配信中
iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/id1198924234?app=itunes&ls=1
レコチョク
http://recochoku.jp/song/S1004167679/
mora
http://mora.jp/package/43000005/VEAWA-34001/
他、LINE MUSIC、Apple Music、AWAなど主要定額制音楽ストリーミングサービスでも配信中。

リリース情報

■パラレルワールド

アーティスト:大石昌良
発売日 :2018年3月7日(水)
品番:DDCZ-2190
価格:¥1200+税
<収録曲>
01.パラレルワールド / 大石昌良
02.ようこそジャパリパークへ(弾き語りver.) / 大石昌良
03.奇天烈ポエマー(弾き語りver.) / 大石昌良
04.パラレルワールド(Instrumental) / 大石昌良
05.ようこそジャパリパークへ(Instrumental) / 大石昌良
06.奇天烈ポエマー(Instrumental) / 大石昌良

大石昌良 Profile

大石昌良(オーイシマサヨシ)
愛媛県宇和島市出身 1980年1月5日生まれ A型2001年に「Sound Schedule」のVo.Gtとしてメジャーデビューして以来、音楽家として数々の作品を残す。
その突き抜けた透明感のある声と、心の琴線に触れる言葉や卓越したメロディセンスが評価を受け、当時新人バンドとしては異例のミュージックステーションなどのTV音楽番組出演、そして全国のフェスに参加。

2008年には「大石昌良」としてソロデビュー。その唯一無二の卓越したアコースティックギターの弾き語りスタイルは圧巻。まるで手品のような手さばきに「右手の魔術師」や「ひとり遊園地」など、人によって形容は様々。全
国のライブフロアのみならず、YOUTUBEやニコニコ動画などのインターネットソースでも話題を呼び、若い世代からも大きな反響がある。

またアニメソングシンガー「オーイシマサヨシ」としての評価も高く、「ダイヤのA」や「月刊少女野崎くん」、「オーバーロード」、「プリンス・オブ・ストライド」など、オープニング主題歌を担当した人気アニメも多数。
最近では「けものフレンズ」での大ヒットが記憶に新しい。現在は次世代サウンドプロデューサーTom-H@ckとのユニット「OxT」としても活動中。アニメの主題歌の他にもアーティストへの楽曲提供などの制作依頼も多数来ており、音楽クリエーターとしても注目されつつある。

■大石昌良オフシャルホームページ『CLUB014 大石昌良』
http://014014.jp/
■大石昌良twitter(@Masayoshi_Oishi)
https://twitter.com/masayoshi_oishi

春畑道哉、ソロデビュー記念日に自身初の…

ASPARAGUS 2曲入NEWシング…